シャガールとお尻

県立万代島美術館で開催されているシャガール展へ行きました。


わたし自身は、シャガールの作品とはあまり相性がよくないのですが、
それでも、子供たちが本物を見られる貴重な機会、
閉館間際の空いている時間を選んで、入館しました。
土、日、祝日は、小中学生は無料ですしね。


館内は、美術品保護のために、非常に空調が効いていて、涼しい。


展示数がなかなか多いのに驚いたのですが、
その多くが日本国内の美術館や個人の所蔵品であったことにさらに驚きました。
震災後、海外の美術品を日本になかなか貸し出してくれない時期がありましたよね?
今はもう落ち着いたのかな。
もしも、そんなことがあったとしても、
日本にはこの規模の展示会を開けるだけの美術品があるのですね。
すごいねー。


家族それぞれが自分のペースで作品鑑賞し、
外へ出たら感想を言い合うわけですが、
みんなの最初の言葉は、
「なんでお尻?!」image4248.gif



幸せそうな表情の恋人が町の上を飛ぶ。
色調も穏やかで、透明感がある。
その隅っこに、
反対を向いた男性が
ぺろんとお尻を出して、しゃがんでいる様子が
小さく描かれているわけです。
なぜ、あのスタイル?
なぜ、ぺろん?
それも、1枚だけじゃないんですね。
わたしは2枚見つけました。

子供たちもおもしろがって、ずっとその話。
どういう意図があるのか、凡人には理解できず、
美術の先生に聞いてみようってことになりました。


ですが、今はいい時代ですねー。
帰宅後、すぐに検索をかけると、
解説してくれている方が大勢いるのですね。
ふーん、そうなんだぁって、家族一同、納得。
気になる方は「シャガール」「お尻」で検索かけてみてください。


相性よくないと思っていたけど、
お尻一つで「ちょっといいかも」と思ったってことは、
わたしの脳内の成長は、ちび子と同年齢程度ってことでしょうかねぇimage6.gifぷりぷり~




関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment