椿寿荘

ちび子の文化祭の振り替え休日、
とても暖かなよいお天気でしたので、
おばあちゃんを誘っておでかけしました。

田上町の椿寿荘
新潟県には、日本の10大豪農のうちの半分、5家があるそうですが、
そのうちの一つ、
田巻家の離れとして作られた館です。

決してきらびやかな装飾はないのですが、
質のよい部材で造られており、
当主の、お客様をもてなそうという心が感じられる造りです。
部材の9割が面取りされていること、
なげしにふたがされていることからも、
客人に安心してゆっくりと過ごしてもらいたいという
当主の気持ちが伝わってきます。

そのせいでしょうか、
このきちんと手入れされた庭を見ていたら
もう2時間くらい、平気でぼーっと座っていられそうです。
とにかく居心地がいい。
椿寿荘 (10)
上のほうに少し見えている梁、20メートル以上もある吉野杉の一本丸太です。
下に写る床板も、厚さ七、八センチはあろうかという立派な一枚板です。
椿寿荘 (9)ちび子もゆっくり。


椿寿荘 (11)
端から端までゴロゴロしたくなります・・・。
椿寿荘 (8)
欄間も変わっていて、
大きな一枚板のほとんどをくり抜いてしまっているという、
大変贅沢な造りですね。

手入れされた庭を歩くのも、とてもすがすがしい気分になります。
椿寿荘 (3)

椿寿荘 (6)

椿寿荘 (5)キンモクセイ。

奥の間は船を模してあるそうです。
予約しておくと、こちらで食事をとることができます。
椿寿荘

椿寿荘 (2)

わたしたち以外には来館者がいない時間だったので、
館長さんが説明してくださいました。
大変知識が豊富な方で、話を聞くのも楽しかったです。

もう少し秋が深まって、庭の紅葉が赤く色づく頃に
再び訪れたい場所です。

椿寿荘の後はもちろん日帰り温泉を楽しんで、
ぬくもった後にはジェラートを食べて、
大満足で帰ってきました。


椿寿荘 (12)
秋は夕日がきれいですね。


関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment