教室の前に

日曜日、ニャンドゥティ教室へ行くために上京しました。
いつも、えきねっとで新幹線の切符を購入します。
だって、うんと安いんですよ。
今回は35%引きの便を買えたので、朝10時には東京にいることになりました。

東京駅で降りずに、上野駅で下車して、ちょっと寄り道していくことにしました。
目的はですね、やっぱり古い建物です。

まずは子供たちとの約束を果たすために、動物園前へ。
上野
パンダちゃんのポストが、ニマーっと笑っています。
ここで投函すると、西郷さんかパンダちゃんの消印が押されるというので
新幹線の中で子供たち宛にはがきを書いて、
喜ぶだろうなぁってワクワクしながら投函。
・・・・はっ、しまった、年賀状の口に入れちゃったっ!!
ま、早いか遅いか、いつかは届くでしょう。ごめんね、子供たち。
上野散策 (2)
ちなみにこのポスト、ちゃんとしっぽもついてます。


さて、上野で降りた一番の目的はここ↓です。
旧東京音楽学校奏楽堂

来年4月からは改修工事に入るそうなので、
その前に、日本最古の音楽ホール、そしてパイプオルガンを見に行きたいと思い立ちました。

上野散策 (31)

動物園もチョコレート展もツタンカーメン展も大勢の人が流れていったのに、
やっぱりここにはわたし一人。
先回の明治生命館と同様、タイムスリップを、一人堪能することの幸せ。

上野散策 (26)
古いせいか、わたしの体重のせいか、
一足進むごとにホールの床がきしむのですが、
それもまた木造ならでは。
今のホールではそんなことはありませんものね。
また、外の自然光が窓から入ってくるのも素敵です。

こういう古い建物を見せてもらうたびに、
一見無駄なことを美しいと感じる、人ってすばらしいと思うわけです。
だって、カーテンの枠、シャンデリア、通風口の空き口、
どうしても装飾的である必要はないわけですよね。
しかもこのパイプオルガン、
左右対称が美しいとされていた時代のもののために、
実際には音が鳴らないパイプも配置されているのだとか。
上野散策 (20)
上野散策 (22)
上野散策 (15)
上野散策 (19)
上野散策 (24)
手芸好きにはたまらん、パスマントリー。
上野散策 (25)
上野散策 (27)
ゆがんだガラスはここしか見つけられなかったです。
老朽化に伴って入れ替えたのでしょうか。
上野散策 (30)

さて、古い建築物見学の折は、そこのトイレも拝借することにしています
今のところ、全部の施設が水回りは新しくされています。
ただ、入り口のドアですとか、鏡回りなんかは以前のままだったりするんですよね。
こちらも、大きい木のドアが付いていました。
一人の時間も堪能したし、そろそろ出ようと、そのドアを押したとき、
BGMで流れている音楽とは違う音が聞こえてきました。

あっ、と思い、ホールへ行きますと、
午後からのオルガンコンサートのためのリハーサルを始められていました。
ホール内、観客席はわたし一人。
なんて贅沢。

満ち足りた気分で、しばらくその辺りを散策してきました。
上野散策 (34)
上野散策 (38)
外からでもはっきりと分かるカーテンのひだひだがたまりません。

上野散策 (40)
上野散策 (39)

いつか、新しいほうの建築物にも行ってみたいです。
上野散策 (44)


ほかほかのパンダまんで休憩。
上野散策 (43)


今回はニワトリさんを習いました。
手間はかかるけれど、かわいいステッチです。
モチーフの数はとんでもなく多いようですので、
ある程度、これが作りたいです、ここまで覚えたいですという目標を設定して
教室へ向かわないといけないなと思って、帰ってきました。
関連記事

 ニャンドゥティ(nanduti lace)

0 Comments

Leave a comment