「糸の箱船」

糸の箱舟―ヨーロッパの刺繍とレースの動物紋糸の箱舟―ヨーロッパの刺繍とレースの動物紋
(2012/12)
ドレッタ ダヴァンツォ=ポーリ、 他

商品詳細を見る


また1冊増えました。
これは完全に表紙買いだったのだけれど、面白い!!
レースにおける細かい分類とか種類、
流れや歴史などは、
わたしの頭にはなかなか入ってこないので
とてもじゃないが覚えられませんが
(ほら、容量の少ない旧型の脳みそなので)
様々な動物紋の写真を見ているだけでも楽しめます。
つまり、まだ読んでません眺めてるだけ。
サラマンダーのレースが案外かわいいです。

この手の本を見ると、ちょっと胸がずきっとするのは、
背景にあるものを理解せずに
日本人のわたしが技法だけちょこっとつまんでレースを作ることへの
恐れ多い気持ちというか、疑問というか、ばつの悪さというか。

やっぱりね、勉強を続けていくしかないですね。
始めたからには、かじって終わりにしない。
分かったつもりにならない。
何にしても簡単なんてことは絶対にないのだから。
続けます、修行。
関連記事

 手芸本

0 Comments

Leave a comment