シゴナナ

急にアクセス数が増えていたので、
わたし、何か間違っちゃったのかな?とリンク元をたどりましたら、
doilyさんが糸ボタンについてつぶやいてくださったのですね。
ありがとうございます。

これまでレースで習ってきたことを使って、
あんなこと、こんなこと、してみたらどう?って、
頭の中でぐるぐるアイデアが渦巻いています。
まだまだ新しいことができそうで、わくわくしています。
また幾つか完成したら記事にさせてください。


さて、お姉ちゃんの部活動が久しぶりにお休みだった今日、
ゆっくりとした午前を過ごし、図書館へ行って、そのまま近場へお出かけ。
新津へ行ってきました。
今は新潟市秋葉区になるのかな。
わたしくらいの世代だと新津といえば新津市で、
秋葉区というのはいまだにピンとこないのですが。

新津駅の改札前に、大きなステンドグラス。
niitu st
鉄道の町らしいデザインです。
マンホールだってSLデザイン。
niitsu.jpg


新津駅からすぐのところにC57(シゴナナ)というお店があります。
C57.jpg

新津商工会が運営している駄菓子屋さん。
子供たちの居場所になっている、楽しい場所だと聞いていたので、
以前から「連れていくね」と、子供たちと約束していたのでした。

C57-2.jpg
メダルゲームがあったり、
C57-3.jpg
大人にとっては懐かしいファミコンで遊べたり。
常連の男の子が、親切に娘たちに使い方を教えてくれました。
子供たちはすぐに仲良くなるものですねー。
あんまり下手で、見ていられなかったのかもしれないです。


熱々のたこ焼き食べて、ソフトクリームも食べて、
「300円まで」ってことでおやつもがっちりお買い物して、
いとこのゆーちゃんにもおみやげを買って、
かなりの時間を楽しみました。
「また行きたい!!」、
母さんは、あなたたちがきっとそう言うだろうと思っていましたよ。
また時間ができたら、お小遣い持って遊びに行こうね
今度は電車に乗ってゴトゴトと揺られていこうか。
関連記事

 おでかけ

2 Comments

摩耶  

新津はSLの町なのですね!
C57といえば『貴婦人』の愛称のSLですよね
D51でなく、あえてのC57なんですね

私の子供のころも、こんな駄菓子屋さんでした
店の奥に畳の小部屋があって、たむろってました!
小さい頃は、小さな島暮らしだったんで、
物もあんまり入ってこなかったのか
その隣に、貸本屋さんなんかもあって
月刊の漫画の『なかよし』とか、『りぼん』とか
よく、借りてたなぁ~・・・・・(遠い目)

2013/05/27 (Mon) 15:38 | REPLY |   

ちどり  

摩耶さんへ♪

そうなんです、
新津は、新潟の3路線が集まる場所であり、JRの車両工場もあることから、
鉄道の町とよばれていました。
今も週末と祝日にはC57が新潟-会津若松間をモクモクと煙を吐いて走っています。
それと、石油が産出される場所でもあります。
石油王中野邸の日本庭園は秋のもみじがそれはそれは美しいです。

> 小さい頃は、小さな島暮らしだったんで、

うわぁ、素敵!「二十四の瞳」みたい。

写真の小上がりの奥には鉄板のあるテーブルが2台あって、
もんじゃが食べられます。
関西のほうでは、やっぱりお好み焼きなんでしょうか。

新潟のまちなかでは、子供の居場所がなくなってきて、
かわいそうです。
公園で遊んでいても、いろいろと厄介な人が出現するので、
親もひやひやです。
わたしはのどかな子供時代を過ごしてきたので、
今、思えば、とても幸せな時代だったのだなぁと。

「なかよし」、懐かしい!

2013/05/27 (Mon) 18:21 | REPLY |   

Leave a comment