やっぱり相性悪かった

Ginaさんがボタン作りの本を新しく出版されたようです。
で、誘惑には勝てず、
amazonでの取り扱いも待っておられず、
Ginaさんのお店でオーダーしたわけですが、
やっぱり今回もなかなかうまくいかず。。。
なんでだろなー、ペイパル。
相性悪い。
わたしの頭が悪いのかね?

日本を選ぶと、どうしたって県名が漢字で出るんだけど、
「相手が分かる言語で表記してください」ってなるもんだから、
打ち直そうとするのに、なんだかおかしくなってしまうんだよなー。


ボタンをたくさん作ったところで、これを何に使うという目的もないのです。
今も、ガラス瓶の中に、あめ玉のようにして入れているだけです。
でも、作っているうちに、ちょっと思いついたことがあって。
それをするために、
やはりボタン作りの基本的なことはできるようになっておこうと思ったのです。

どの手芸でもそうなんだろうと思いますが、
頭の中で、どんなにすばらしい作品の最終形が描けても、
そこへたどり着く方法を知らなければ、
結局、形にすることは難しいのだろうと思います。
そこへ進むための地図や手がかりがあるならば、
そして、それがよいものであれば、
やはり手に入れた上で勉強したいと思うのです。

・・・と、円安の今、
海外のお店からお買い物をする言い訳をしてみているのでした。。。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment