やればできる子でした

整理に着手した手芸本
一日かけて、要る・(今のわたしには)要らないを振り分けました。

いやー、よくやった。
わたしもやればできる子でした。

時間を掛けて、じっくり見てしまうと、
名残惜しくなると思われるので、
そこはあまり時間を掛けずに、ぱらぱらめくりで作業を進めました。

ニードルレース関係の本は別棚に保管してあり、
今回の整理作業にはまったく関係なかったので、
思ったよりもぱぱぱっとできたんだと思います。

古書店に持ち込もうかなという本が
中段ボールに3箱!!! ひゃー。
そのうちに、古本屋さんに持ち込んでみようと思います。


しかし!!!
この手芸本、まだ懸案事項があるのです。
大型本はさすがにしませんが、
雑誌やブックレットの場合、切り抜いてファイルに保存しています。

がばっとファイルに。

その名の通り、かなり大量に綴れるのです。
それをいいことに、これもがばっと、あれもがばっとと、
10センチほどの厚さのものが、今回の作業でまた増えました。
合計3冊。
5センチほどのものが2冊。
今後はこちらの中身も整理していこうと思いますよ。


それから昭和棚のレース編み本。
わたしは、かぎ針を用いた、いわゆるレース編みは、
時間的なこと、肩のことを考えると、もうできないと思うのですよ。
今回は、図案やデザインの参考にするために保管しておくことにしましたが、
いつかは何とかしなくちゃと思っています。
どうしてレース編みの本があるのかというと、
古雑誌は一山幾らで置いてあることがあって、
わたしの欲しい本はその山の中の1冊であっても、
山ごと購入しなければならなかったからです。
それにしても、昭和の手芸本の内容の充実ぶりはすばらしいですよね。
今回は昭和棚の整理はしないと決めていたので、
右から左へ移しただけなのですが、
読み込みたい誘惑に負けそうになることしばしば。


さらに「毛糸だま」のすばらしさ、再認識でしたわ。
下田直子さんの連載、
カナダ恵子さんのパスマントリーと、
その当時はニットのために購入していたので
それほど力を入れて読んでいなかった手芸記事の
なんという充実ぶり!!
随分昔からカロチャ刺しゅうもニャンドゥティも紹介されていたのですね。


さぁ、この本棚の状態を維持しなければ。


●おしゃれ工房2005年5月号
●おしゃれ工房2010年3月号
NHK おしゃれ工房 2010年 03月号 [雑誌]NHK おしゃれ工房 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/20)
不明

商品詳細を見る

●すてきにハンドメイド2010年10月号
●すてきにハンドメイド2011年5月号
●すてきにハンドメイド2011年9月号
すてきにハンドメイド 2011年 09月号 [雑誌]すてきにハンドメイド 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/20)
不明

商品詳細を見る


欲しい方、いらっしゃいますか。
各1冊。もちろん切り抜いていません。型紙も付いています。
多分、引き取ってもらえないんじゃないかと思うのですよ。
捨てるなんてできないですしねぇ。
もしいらっしゃったら、コメント欄やメッセージ欄からお知らせください。

関連記事

 手芸本

0 Comments

Leave a comment