2013我が家の夏旅 博物館大好き!

まだお店が開店前の人出が少ないうちに
アメ横を歩いてきました。
これも、今回の娘達のご希望。
ちょっとだけGMTのメンバー気分を味わえたかな。
2013東京旅行 (196) 2013東京旅行 (190)

今回、NHKのあまちゃんグッズも、
幾つかショップを回ったものの、売り切れが多くて、
気に入ったものは手に入れられませんでした。残念。
人気あるのねー。



次は、国立科学博物館へ。
しかも、みんな大好き深海の特別展示。
こちらも新潟にいるうちにチケットを買っておいたので、
思っていたよりも並ばずに入館できました。
一人一人が音声ガイドを手にして(耳にして)回りました。
んー、期待が大きすぎたか。
しんかい6500の実物模型も、もちろん、かっこい~と思ったし、
ダイオウイカやクジラのレプリカも、うーわ、でっかーいと思ったのだけれど、
ダイオウイカの標本がなぁー、
真っ白な皮膚のしわとかを見ていたら、巨大な酢漬けのようで、
あのでっかい、青い、怖い目玉とか、ぎらぎらと色が変化する皮膚とか、
映像で見たときの驚きが、ちょっこし薄れてしまったのでした。
それと、わたしたちがとても楽しみにしていたものの一つに
深海ザメがあります。
深海の生物の一つとして紹介されてはいましたが、
ミツクリザメのレプリカも口を閉じたまま。
ガコン、ガコンっていう、
およそこの世の生き物と思えないような恐ろしい顎の動きを
映像でもいいから見たかった。
動く模型とかがあったら、行列しちゃうだろうしなー。

グッズも、小さくなってしまえば、スルメイカと同じ。
手ぬぐいを買うか買うまいかで随分と迷いましたが、
また藤子F不二雄ミュージアムに行く節約を始めようと、
ちょぼちょぼと節約することにしました。


お昼を食べて、エネルギー充填した後は、常設展示を見て回りますよ。
もう、こちらは一日中あったって足りないに決まってる!!
特に、化石のコーナーでは足止めを食う我が家です。
さて、どこから回ろうと相談していたら、
シアター36○の待ち時間が短くて済みそうです。
まずはここから。
これ、すごいですよ。
お姉ちゃんと入ったプラネタリウムでも、自分が動いているかのような錯覚に落ちたわけですが、
これはそのプラネタリウムが上下にかぽっとくっついている状態なわけで、
上も下もぐーるぐるです。
なんという迫力。楽しかった、面白かった。

2013東京旅行 (239)
2013東京旅行 (242)
2013東京旅行 (248)
恐竜コーナーは、もう、たまらんでしょう。
また福井の恐竜博物館に行きたいなー。

実験コーナーでも、空いてるボタンは全部押して、
いちいち、ほほーっと感心して、
とにかくこの博物館って楽しい。さっすが国立って思います。

ここの建物もたまらない。
日本館のほうは重文だけあって、ステンドグラスなどの装飾もたまらんです。
2013東京旅行 (229)
2013東京旅行 (228)
2013東京旅行 (225)
壁の中に、こういうのを探し歩いていると、時間がいくらあっても足りません。

個人的には、昔、この日本館の吹き抜けに、
ウオーッと雄叫びを上げるように立つティラノザウルスの展示の仕方が
格好よくて、ほんっと好きでした。


閉館ぎりぎりまでいたかったのですが、ちび子には行きたいところがありました。
東京文化会館の中にあるギフトショップです。
ここで、楽譜を留めるためのクリップが買いたかったのです。

それじゃあ、名残惜しいけれど、出ましょうか。。。と、
そこで初めて外を見ましたら、黒い雲で真っ暗。
しかも、雷ゴロゴロ。
それでも、まだ雨は降り出していません。
よしっ、会館まで走れってんで、大急ぎで向かいました。
ちび子がかわいいト音記号クリップを買ったところで、
ザバザバと雨が降り出しました。

お父さんが折りたたみの傘を持ってきていたのと、
そのギフトショップで500円の傘を購入して、
横断歩道向こうの上野駅へ滑り込みました。
ほとんど濡れずに済んだのは有り難かったです。


3日間、あっという間に過ぎました。
またお金を貯めましょう、働きましょう。
次はどこへ行こうかなー。
関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment