山脇先生の御本~紐レース~

ステッチや糸の始末を知りたくて探し回ったのが河野先生の御本なら、
図案が欲しくて探し回ったのは山脇敏子先生の御本です。

拙ブログには
「バテンレース」「図案」「型紙」「ブレード」というキーワードで訪れてくださる方が
少なくないのですが、
バテンレースのバイアスブレードが手に入らなくても
こんなレースが作れますよーと、
いつかご紹介できたらなーと考えていた本が
こちらの山脇先生のパターン集です。

「服飾圖案集 ヒモレースの巻」昭和23年発行
紐レース (2)
紐レース、要するにテープレースですね。
バテンレースとは少し趣が異なります。
こちらはバイアス布でループを作ったものでラインを描いていくので、
お洋服がかなりゴージャスになります。
ブレードを使うレースよりも、
テープどうしの間隔は狭く、
千鳥かがりなどのシンプルなかがりを用いてテープどうしをつないでいきます。
あまり複雑なかがりだと、
見た目にも実際にも、身に着けるものとしては重くなってしまうように思います。
シンプルなかがりという面で考えれば、
あまりご経験のない方でも取りかかりやすいかもしれません。
レース絵などでしたら、複雑なかがりで色糸を用いても素敵ですよね。


ご参考までに、手持ちの、いわゆる紐レースの替え襟。こんな感じです。
紐レース
何となく目にしたことがありますでしょう?

この図案集はかなりの大判。
嬉しい実物大図案なんですよ!


それから、こちらも実物大型紙付き。
「服飾手藝のスタイル集」。こちらも昭和23年発行。
紐レース (5)
紐レース以外に、かぎ針編みや刺しゅう、カットワーク、ヘヤピン編み(原文まま)など、
図案と共に作り方が細かく解説されています。


こちらも昭和23年発行の「服飾手藝全書」
紐レース (3)
B6版サイズと小さいので、実物大図案は掲載されていませんが、
様々な手芸の技法解説がされています。
もちろん紐レースについても細かく解説があります。


一番新しいのが、新しいといっても昭和24年発行ですが、
こちら、「手藝と服飾の圖案集」です。
紐レース (4)

「300種ほどの図案が集めてある」とプロフィールに書いてあります。
すべてのページにぎゅぎゅぎゅっと図案が並べられています。
わたしはこの本が一番好きかもしれません。
なぜか。
前の持ち主さんはかなり勉強熱心な方だとみえて、
書き込みがびっしりと入っているのです。
それがとても参考になるメモなのです。
教室の先生がおっしゃることを漏らさぬように書き留めておられたのでしょうか。
この書き込みの文章からすると、もしかして、
生徒さんではなくて教える立場の方が持っていらした本なのかもしれません。
この図案にはこの技法がよいとか、色はこんな感じが「よいでせう」とか、
カットワークを使用してハンドバッグにはめ込むとよいとか、
セレブな方だったのかしらと想像させるような
「アフターヌンやティードレスなどのドレッシイな服の装飾として効果的にお使ひ下さい。」(原文まま)
という書き込みなど、
もう、見ていて、たまらないのです。
わたしも勉強熱心になりそうな、針仕事が上手になりそうな、
そんな気がしてくるのです。


こちらは山田禎子先生の「服飾図案とスタイル集」昭和23年発行。
紐レース (6)

紐レースやコード刺繍の実物図案集です。
ゴージャスなパターンが多いです。

そう、わたしの紐レースの印象はゴージャス
そしてミセシー。
(新潟に、マダム向けのミセシー○○って洋装店がある(あった?)のですが、ちょうどそんな印象なので)
もっと普段使いしやすい、もっと下の年齢層でも使えるデザインってないものかなぁと思っていた頃、
doilyさんのブログでテープレースのリボンを紹介されていました。
葉書の上に置いてあったところを見ると、サイズも小さめなようです。
ちょうどお裁縫箱にリバティのバイアステープがあったので、真似してみました。
紐レースリボン
小さな小さな手のひら半分ほどのサイズ。
これだったら、子供の髪飾りにしたら、きっとかわいい。

いろいろな作品、資料、
とにかく数多く目にすること、やってみることって大事なのねーと思ったのでした。


関連記事

 わたしのお宝本

0 Comments

Leave a comment