目覚ましは叫び声

ちび子の叫び声で目が覚めました。
何事っ?!!!と、「どうしたのっ?!」と大声上げて布団を飛び出すと、

「お母さん、サンタさん、来てくれたよ!!!!」

と、大きな袋を抱えたちび子が満面の笑みで立っていました。

なーんだ、よかった。
また、おなかが痛くなったのかと心配しました。
よかったねー。。。。。って時計を見ると朝6時。

「ちび子、冬休みなのに、6時に目覚ましかけてたの?」と聞くと、

「うん。
 でも、ほんとは、5時に目が覚めたんだけど、
 お布団の中でずーっと我慢してた。
 プレゼントを見たら、絶対に嬉しくて大騒ぎしちゃうから、
 みんなを起こすと悪いなーって思って、
 ずーっと我慢してたんだよ。
 あー、うれしいなぁ。」


袋の中には、ちび子が気に入るものがいっぱい入っていました。
一つ一つ包装を開くたびに
「うわぁ」って、大喜び。

手紙を書かなかったお姉ちゃんにも、ちゃんとプレゼントが届きました。

「じゃあ、ちび子が中学生になってもサンタさん、来てくれるね。」と、
ちび子、ほっとしています。

その後は、ちび子はおばあちゃんにすぐ電話して、サンタクロースが来てくれたことの報告。
朝っぱらから電話が鳴って、おばあちゃんもびっくりしただろうなぁ。
喜びを分かち合いたかったんですって。
プレゼントをもらったのはちび子だけなのにね。ふふふ。


お姉ちゃんは今日まで登校日。
クリスマスなのに、かわいそー。

お父さんはもちろんお仕事。
「お年玉のためにがんばって」と、子供たちに言われてしまいました(笑)。

わたしもお仕事。有り難いことです。
ちび子が年賀状書きしている間に、がんがんと進めましょう。
来年もたくさん働かせてもらえるように、あと残りわずか、
年内の仕事をがんばりましょう!


関連記事

 子供とおしゃべり

0 Comments

Leave a comment