くるくる修行はたのし*ブドウの実*

ロール編み

左右のロール編みのボタン、少し雰囲気が違いますが、
使っている糸も針も、
糸を巻いた棒の太さも、
その巻いた回数も、
それを細編でくるんでいることも、
フックに巻いたコイルの数も、
全く同じです、

右のほうがキュッとしているのは
別に、練習して上手になったとか、そういうことではありません。
コイルの中を引き抜いた後に1工程加えるか、加えないかで
出てくる違いです。
クロッシェをなさっている方には常識なのでしょうけれど、
その一つでこんなにも違いが出るのかと、それはもう新鮮な驚きでした。

如実に違うのがほんとに面白くて、
いちいち、1本コイルを作るたびに「おぅ~っ!!」と小さく叫んで喜んでいます。

どちらが間違いとかいうのではないので、
使い分ければいいのだなと思っています。

お花の中心なんかに使うときは、
ふわっとしていたほうがかわいいでしょうから、左側を。
ブドウの実のように、幾つか並べるときは、
かっちりしていたほうが形も取りやすいし、
しっかり仕上がるでしょうし、
ぷりっと、もぎたてブドウに見えるでしょうから、右側を。
そんなふうに、作る用途で使い分けたら、いろいろなものができそうです。
わたしは今回ブドウ目的なので、右側のかっちりタイプを採用。

ロール編み?コイル編み?バリオンステッチ?について、
年末に本の整理をしていたら幾つか見つけたものがありました。
名前にハテナが付いているのは、編み目の呼び名が書いていなかったからです。
わたしはクロッシェの知識に乏しいので、
記事にしても、うまく書ける自信がありませんです
が、もう少し、押入れ探索して、分かったことがあれば、お知らせしてみたいです。

さて、もう少し、くるくる修行。
その後は葉っぱですね。
関連記事

 編みくるみボタン(crochet buttons)

0 Comments

Leave a comment