感動しています

最近、新しくバテンレースの和古書を手に入れました。

国会図書館で「バテンレース」検索かけてヒットする本は
たいてい持っていると思っていたけれど、
まだまだありますねー、お宝は。

この本、すばらしいです。
型紙が2枚も付属しています。きれいです。
本から外されていないところを見ると、
前所有者は作品を作らなかったのかな。

何がすごいってですね、
やっぱり日本人の感覚の柔軟さ。

ある作品に目を見張りました。

羽織です。

黒の、織りの厚いブレードで作ってあります。
かがりには絹穴糸を使用しているので、
拡大写真からでも艶がよく見られます。

以前、マクラメレースの古書に草履が載っていたときにも驚きましたが、
洋のものを見事に和に組み入れる日本人の柔軟さと器用さは
本当にすばらしいと感激します。

わたしも同じ日本人、何とかならんもんでしょうか。
何とかしたいもんです。

この本については、今はまだ、わたしだけのお楽しみにさせてください。
いつかこの本もご紹介したいと思います。

所有している本をきちんと整理したいと、切に思っているのですが、なかなか。
本棚に並べるだけじゃなくて、きちんと一覧分類したいです。
別ブログを作って、一覧表にして、
ご質問があったらある程度受けられるような、
何か新しい情報があったら教えていただけるような、
そんな形がいいかなぁなんて野望を抱いています。
ええ、もう、野望に近いです。
妄想とも言えますか。
いつになったらできることやら。
何かよい案がございましたら、教えてください。
関連記事

 バテンレース

2 Comments

にゃん吉です。  

こんにちは

 楽しみにします。
 昨日テレビで皆川末子さんと言う古い着物で大きなタピストリーを作られる方のお話をしていて(下絵もご自分で)個展を開いたら 人から『こんなの玄関マットにもならない、』とか言われてショックを受けられたそうですがその後外国の方が高い評価をしてくださって外国で個展をされたと
 個人で何かを作られている人って色々な意味で壁にぶち当たったり、理解されなかったりする場合もあると思います。しかし、誰かは理解してわかってくれる人もいます。それが時を超えて後世の人だったり、外国の人だってり、私はとてもそんなランクではありませんが、実はひっそり、こつこつ自分の作品を作っている人、いた人、評価を受けていた人、いない人 自分なりに自分に何かを感じさせてくれる作品を教えてくれる本 人 ブログ、捜していきたいです。  独り言になってしまいました。

2014/01/22 (Wed) 08:11 | REPLY |   

ちどり  

にゃん吉さんへ♪

わたしも、その特集、見てました!!

> 『こんなの玄関マットにもならない、』とか言われてショックを受けられたそうです

うわっ、それはひどいっと、その発言を聞いて、わたしまで泣きそうになりました。
なんとなく感じたのは、その発言をした人は、
きっと僻みからそう言ったのだろうなと思ったのです。
あれだけの作品を見て、「すごい」と思わないはずがないですよね。

人は「これは敵わない」と感じたときに、
素直に「すばらしい」と言える人もいれば、
妬みから、相手を貶めよう、傷つけようとする人もいるようです。

わたしは前者で生きていきたいです。
自分にできないことができる人、考えつかないことを表現できる人を
素直にすばらしいと讃えられる人になりたいです。

にゃん吉さんの作品はにゃん吉さんにしか作れないものですよね。
ブラックスワンのニット、とても素敵でした。
わたしも、にゃん吉さんのように、わたしにしかできないことを探します! e-442
神様は、わたしが出会うべき人にちゃんと会わせてくれるのだなーと
朝からうれしい気持ちになりました。
また独り言、是非聞かせてください♪

2014/01/22 (Wed) 09:33 | REPLY |   

Leave a comment