そっちのgusanoじゃないのにぃ

punto gusanoで検索をかけると、
スペイン語圏のロール編みの数々が見られるのが面白くて、
またも、仕事もバテンレースも後にして、そちらを彷徨っていたわけです。
(すぐ現実逃避するのは悪い癖です)
太糸で編まれたバッグ、お財布とかベビーシューズとか、
もっちりしていてかわいいです。

しかし、このgusanoとは、虫、それも、どうも芋虫系の虫を指すようで。
あ、なので、虫の苦手な方には画像検索はお勧めしません。
後半になると、puntoの付かない、本当の虫さんがたくさん登場します。


その楽しいロール編み探索の後というもの、
この蛇、安いですよとか、
この卵(は虫類らしい)買いませんかとか、
そっちのgusanoの宣伝がちょいちょいやってくるのが困ります。

なんでしょうね、あの素早さって。
ちょっと気になる言葉を検索すると、
すぐにわたしが食いつきたくなるような品物が
あちらからご用聞きにやってくるのだから、
こいつはすごいもんだなぁと、いつも感心します。

わたし自身は虫嫌いなほうではないですが、
芋虫系は大好きではないのです。
蚕は育てたことがありますが、
今、育てたいとは思っていません。
なので、感心はしますが、さすがにそのご用聞きは要らんのです。

真っ黒い蛇の画像がいきなりドドーンと出てきたときには
びっくりして、一瞬息が止まりましたわ。
早く新たな検索をしないと、gusanoのご用聞きは終わらないのでしょうかね

関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment