春は遠くない

目が覚めて、カーテンを開けたら、
久しぶりに雪が積もっていました。

今冬は、本当に積雪がない新潟市です。
こんなに降雪がないのも珍しいんじゃないかしら。
今朝の雪は、湿気の多い雪なので、
朝日に照らされたらすぐに溶けそうです。
街路樹の枝に、ぽんぽんと綿のようにくっついた雪が
小正月の飾りのようでかわいい。

ふと、最近こうして上を向くことがなかったことに気づきます。
寒いし、考えることが多くて、空なんて見てなかったな。

自分が本当にやらねばならないこと、
今していることは続けるべきなのか、
続けるとすれば、生活や自分の力量の中で、どう配分すればいいのか、
そもそも配分するなどという器用なことがわたしにできるのか、
自分は託されていると思っていたのに、実はそうでもなくて、
なんて自身を買いかぶっていたのかと、
それともいいように使われていたのかなと落ち込んだり、
恥ずかしさと自己嫌悪でしゃがみ込みたくなっていたり、
もう、こんなふうに、ずっと読点で続く文章が、
考えても仕方がないと思いながらも、
ぐるぐるぐるぐる頭の中を巡っていました。

久しぶりに上を向いたら、
あっ、やっぱり上を向いてももう首が痛くないんだということに
改めて嬉しくなって、
ぐるぐるが少し緩んだ気がします。

今までもそうだったけれど、
自分がやらねばならないことって、
自分で決められることなんてそうそうなくて、
自然と、やらねばならないような方向に動いていくんだろうと思い直しました。
そう、今までと同じ。
考えようが考えまいが、物事はそうなるように動いていく。
すっきりシンプルにいこうっと。

関連記事

 日々のこと

0 Comments

Leave a comment