「昭和手藝教本〔編物・刺繍編〕」

河野富子著「昭和手藝教本〔編物・刺繍編〕」が届きました。
初版は昭和5年、
今回手に入ったものは昭和18年発行の第9版です。

以前の〔レース編〕を見ていたときにも感じたのですが、
昭和一桁に発行された本のタイトルに、わざわざ「昭和」と付けたのは、
そのことで新しさを出したかったのかもしれないなと思いました。
「新しい時代昭和に、西洋の新しい手芸を学びましょう」といったところでしょうか。

今回入手した本は、かなり紙に焼けが入っているので、
本として見たら状態はよくないのかもしれないですが、
わたしにとって大切なのは中身ですから、全く問題なし。

編み物編では、鉤針、棒針、ヘヤーピン編み(原文まま)の掲載があります。
編み方自体はそんなに多くは載っていません。
面白いのが「編み物用具」の写真です。
毛立器は針金と植物と両方が紹介されていますし、
初めて見るリボン通し針は、いったいどうやって使うのか、興味津々です。
ぽこぽこと泡をつなげたように、穴がたくさん連なっています。
ネットでちょっと探してみましたが、同じものは見付からず。
また時間があるときに調査してみたいです。

さて、わたしにとっては大きな収穫がありました。
作品製作のための応用ページに
房飾りなどを紹介しているページがあります。
なんと、そこに「飾りボタン」として、
ボタンモールドを糸でくるんだものが出てきます。
Thread covered buttonですね。
ぱっと見た目はヨークシャーボタンのように見えますが、
カバー部分は別に作らずに、直接モールドを縢りくるんでいくやり方です。
残念ながら、裏側の仕上げまでの説明がないのですが、
それは今までやってきたことを思い出して作ってみましょう。
近いうちにトライしてみます。

この本は編み物とセットで紹介されているので
刺繍について知りたい方にとっては物足りないかと思います。
でも、「パンチド・ウォーク」が載っている河野先生の本は
わたしは初めて見たかな。
いや、定かではないです。いずれきちんと繰ってみます。
こちらに何度かご訪問くださっている方は、もうご承知でしょう。
ウォークはワークのことです。歩きません(笑)。

関連記事

 わたしのお宝本

0 Comments

Leave a comment