地元番組で、越後上布の工房を紹介していました。
ご主人の爪は、苧麻を割くために三角形に切られていました。

そういえば、さざれ織りの作家さんの爪は
糸を織り込むために、経糸に沿ってジグザグぎざぎざに切られていたっけ。

染め屋の職人さんの爪には、仕事をした分の色が染まっていた。


当たり前だけど、爪って大事なんですよね。
爪がないと物が持てない。
その上にもうひと仕事をする人の爪。
職人さんたちの尊い仕事を支える爪。
格好いい。
関連記事

 いろいろハンドメイド

0 Comments

Leave a comment