ありがとうの気持ち

オーストリアのボタンメーカー、Sabineさんが、
わたしからの送金を受け取る際に、追加手数料が発生してしまったそうです。
本当に申し訳ないことです…。

支払わせてくれと申し出たのですが、
代わりにわたしの作ったものを送ってくれればいいからという、
ありがたい、しかし緊張する返信をいただいたので、
よしっ、丁寧に、どこにも売っていないものを作ろうと奮起したわけです。
そして、出来上がったのがこのドイリー。
minidoily.jpg

真ん中に入れたのは、麻の葉かがり。
日本らしいかなと思って。
このガイドのために、中川政七商店さんの小分け袋を使いました。
以前、わたしがお買い物した頃は、ショップバッグ一面に麻の葉模様が入っていました。
それを思い出して、パターンに当ててみたら、まあ、大きさがぴったり。
横にちょうど4つ麻の葉が並びます。

ドイリー全体の大きさは13cm×20cm。
パターンはこちらの本から。
DSC06451.jpg



手元に残らない作品は、記録として写真に撮っておくようにします。
でも、ステッチの記録だったら、
写真よりもカラーコピーのほうが、糸の進み方が後でよく分かります。
お勧めです。

先日のゆびぬきと一緒にオーストリアへ送ろうと思います。
ゆびぬき

どんな感想をいただけるかしら。どきどきです。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment