もう10年前

昨夜、Dlifeで「眠れる森の美女」を放送していましたね。
うちにはDVDがあるので、結局見ることはなかったのですが、
家族で懐かしい思い出話になりました。

もう10年も前の話になるのですね、早いものです。
その頃、まだ、小さな、かわいいお姉ちゃんと、
まだ抱っこされていたちび子を連れて、
ディズニーランドに出かけました。
お姉ちゃんもちょっとしたプリンセスの格好をして、
それはもうウキウキと楽しい時間を過ごし、
名残惜しいけれど帰ろうとエントランスへ向かったとき、
オーロラ姫に英語で話しかけられて、
お姉ちゃん、簡単な会話を交わすことができました。
その喜びも追加されたのでしょうね、
それ以来、もうオーロラ姫に夢中。
ドレスを手に入れたり、お話を毎晩読んだりと、
夫もわたしも、お姉ちゃんを喜ばせようと、いろいろとしたのでした。

その頃のお姉ちゃんといえば、とにかく夜、寝つきが悪かったです。
8時半~9時には布団に入るのに、眠りにつくのはいつもいつもずぅーっと後。
わたしも勤め人で、できるだけ夜は早めに寝てもらって、自分の時間が欲しいと思っていたので、
お姉ちゃんの眠気を呼び込むのに必死でした。
結局いつも敗北するのですがね。それはそれは強力なネムランゾーでしたなぁ。

そこで一計、「お姉ちゃん、オーロラ姫みたいにすれば眠れるんじゃない?」。
「うん、やってみる!!きっと眠れるね!!」

ちょこっとバラの造花を手に入れて、持たせてあげました(笑)。
もう気分はオーロラ。母は太ったマレフィセント。
しかし、そんなもんで我が家のネムランゾーに勝てるわけもなく、
翌日から再び「早く寝てよ~」の夜が続いたのでした。
関連記事

 子供とおしゃべり

0 Comments

Leave a comment