お返事

いただいた御質問そのまま引用させていただいて、お返事します。
あくまでも、わたしの感想として受け取ってください。
これが絶対ではないですし、それぞれ、
手に入りやすい材料、やりやすい方法があるはずです。
それを探しながら作るのも、また楽しいと思います。


【リング】
手芸店でプラリングが手に入りそうなので、まずはこちらを使ってみようかと思っていますが、
厚みがないリングの方が作るのに向いているのでしょうか?
どのくらいのサイズのリングが扱い易いですか?



リングを使用する場合、おおざっぱに分けると、
・先にリングを糸でくるんでから放射状に糸を渡していく
・リングを糸でくるまずに、先に放射状に糸を渡していく
2つのやり方があると思います。

これまでよく御質問をいただいたドーセットボタンは、先にリングを糸でくるみますね。
それであれば、プラスチックリングで十分です。
大きさは、最初は20から26ミリくらいがいいんじゃないでしょうか。
余り小さくても持ちにくいですし、
逆に余り大きくてステッチを入れる範囲が広すぎると嫌になってきます。
(わたしだけでしょうか?)
それに、プラリングは径が大きくなると芯が太くなるものが多いようです。
そうすると、どうしても上下の糸の空間が開いてしまいますし、
芯の糸の色が強くなりすぎるようです。
もちろん、それを狙って、効果的に配色するのも楽しいでしょうね。

次に、Shirt laceのように、リングを糸でくるまずに、先に糸を渡すやり方ですが、
こちらは芯が太く丸いと、どうしても滑ってしまいます。
これは材質にもよりますね。
プラスチックで芯が太いものはやはり滑りました。
大きなサイズで作るときは、平らな輪のほうが、使いやすいように思います。


【針】
針先の尖っていない毛糸とじ針の細いものでいいですか?

糸を縫わない限りは、先の丸い針をお勧めします。
糸割れをさせないためです。
タペストリーニードル、スウェーデン刺繍針、
細かく織りこんでいくのであればクロスステッチ針も使いやすいです。
御質問の毛糸とじ針ももちろん使えます。
わたしはバテンレースで18番を使うことが多いので、
当初はそれをそのまま使いました。
例えば織り地を縫い掬うとかステッチを入れるとかいうときには、
シャープポイントでないと針が入っていかないので、
そのときは針を変えています。


【糸】
レース糸や5番刺繍糸は糸ボタンに向いているでしょうか?

何でも使えると思っています。決まりはないです。
刺繍糸でも、毛糸でも、コードでも、革ひもでも、
リングやモールドに巻ける柔軟性があればいいのではないでしょうか。

細かい模様を入れたいのであれば、細い糸のほうが多く糸を渡せますよね。
早く作りたいのであれば、太い糸のほうが掛ける糸も少なくて済みます。
お好みで、いろいろ作って、是非皆さんで作品公開しましょう。

今、ちょっと試みているのが、8番刺繍糸と3番刺繍糸を使ったものです。
年末からずっと唸ってます。
新年最初に、これでもって「おめでとう」と言いたかったんですけどねぇ…。
がんばりますわ。

答えになっていますでしょうか。
また何かありましたら、是非ご連絡ください。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment