「ボタンの話」


ボタンの話―日本で初めて ボタン・エピソードボタンの話―日本で初めて ボタン・エピソード
(1986/04)
アイリス・マーケティング部

商品詳細を見る

何度か図書館で借りていましたが、
返却日までに読み終えた試しがありません(恥)。
それで再度借りると、
前に読んだはずのところがさっぱり記憶から消去されています。
もう、これは買ったほうがいいでしょってことで、手に入れました。
あのボタン博物館の(株)アイリスが編集していますから、
日本のボタンについて知りたければ、やはり外せないですもんね。
巻末近くに、ボタンの素材と種類についての記載があります。
その中で、編み紐ボタンというのがあるので、
それがいつも練習している糸ボタンに当たるのかな。
でも「紐」って、紐限定みたいな感じで書いてあるので、
どんぴしゃ該当ってわけでもないのかな。
服地の共布でくるむ」ものが「くるみボタン」又は「包みボタン」と
はっきりと記載があるので、
この分類でいうと、くるみボタンではないことは確かなようです。

今日からお姉ちゃんのマフラーを編み始めました。
ちび子のがうらやましいようで
「わたしのはいつできるの?」と聞かれました。
お誕生日に間に合うように、鋭意製作中です。
そんなわけで、編みあがったら、じっくりとまとまった時間を作って、
完読しようと思います。


関連記事

 ボタンの本

0 Comments

Leave a comment