なんてスゴ技!

わたしの手元には、本やDVD以外にもお手本ボタンが幾つかあります。
ジーナさん、ザビーネさんのお手製のボタンは大事な宝物です。
それから、ヴィンテージやアンティークの糸くるみボタンも幾つか所有しています。
以前にも記事に書いたキャシーズアンティークさんに
バリオンクロッシェの編みくるみボタンが出ていたので、
これはお手本にしたい!と思い、オーダーしていました。
それが今日、届きました。
いつも薄紙にきれいにくるんで、
とてもかわいいカードとともに送ってくださいます。

少しドキドキしながら薄紙を開きますと、
まあ、なんて小さい!
直径1センチくらいですよ。
小さすぎて、わたしのコンデジでは焦点が合いません。
太陽光のときに、もう一回撮影してみようと思います。

編み目、見えません。
解明するにはマイクロスコープがやはり必要です。
でも、裏側を見ると、確かに編みくるんであるんですよ。
すごいわー。
一体どれだけ細い糸と針で編んでいるんでしょう。
まずは手持ちの針と糸で構造だけは解明してみたいです。

ザビーネさんとも、わたしらしいボタンを作ってみますと
小さなお約束をしました。
実現できるかどうかは自信がありませんが
努力はしなくてはいけないなと思っています。
花が咲くころには、
わたしも小さなボタンを一つ咲かせられるといいなと、
知識増量期間、開始です。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment