来た来た!

アメリカと日本、同時にヴィンテージボタンが届きました。
こうもすぐに手元にやってくると、
世界の流通はぐんと便利になったんだねぇって感動的ですらありますね。

幾つかはすぐにお手本として真似できそう。
しかし、残りの幾つかのために、やはりマイクロスコープが必要か?と
改めて思い始めたところです。
ほんと、こんなに小さいものを、一体どうやって作っていたんでしょう。
制作者は視力のよい若者?それとも高度な技術を持つ熟練者?
小さなボタンたちを、 ためすすがめつしている今宵です。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment