”Marlane”~リングの糸ボタン~

”Marlene”という名前のついたボタンを作りました。
Marlene_20150426064702b1a.jpg

黄色のほうは絹糸なので、つやが画像でもはっきりと出ていますね。
そのつやを際立たせたかったので、地糸は木綿を選びました。

ザビーネさんの3番目の著書「Der Zwirnknopf」
Der Zwirnknopf
これを贈っていただいて、手にしたときから、
春になったら作ろうと決めていたボタン、
それがこのMarlane。

チューリップみたいだと思いません?
チューリップは大好きな花の一つ。
親指姫が花の中にいたように、
ふっくらと膨らむ花弁の中に、何か宝物が入っているような気になります。

実は、あまり知られていませんが、新潟とチューリップは縁が深いんですよ。
新潟県花はチューリップです。
(ちなみに、県木は雪椿、県草花は雪割草、県鳥は朱鷺となっております。)
日本で最初にチューリップの球根作りが始められたのは新潟県、
そして、チューリップの切り花出荷量が日本一なのは、私の住む新潟市です。
少し郊外に出ると、チューリップ畑が広がっています。
赤、黄色、オレンジ、白、紫と、色の帯が地面に引かれる様は
それはそれは心うきうきする風景です。
毎年ゴールデンウイークには、チューリップにちなんだイベントも多く開催されます。
万代橋の歩道には、市内の児童、生徒が栽培したチューリップが並んでいます。
新潟に遊びに来られる方は、早朝散歩はいかがでしょう。
歩くだけで面白みはないかもしれませんが、
両脇を花に迎えられつつ、長さ日本一の川の上を歩いてみるというのも
思い出の一つにはなるんじゃないでしょうか。
行きやすいチューリップ畑としては、空港のすぐ近くにありますので
赤や黄色の絨毯を楽しんでみるのもいいかと思います。
チューリップって、いい香りですよね。
この時期、駅や商店街など、街中に花絵やくす玉が飾られます。
とてもいい香りがしますよ。
球根を太らせるために、チューリップの花だけを首元から摘み取るのですが、
その花を利用して、花絵を作ったり、染物をしたりしています。
2015-04-25.jpg 花絵

我が家は、毎年連休には遠出しません。
混雑が苦手なので。
今年は近くのチューリップ畑に行こうかな、
記事を書きながら思っています。


関連記事

 リングのボタン(ring buttons)

0 Comments

Leave a comment