わたしだったら何とする?


↑この画像はAmazonアフィリエイトのリンクです。
 お嫌な方はクリックなさらず、御自分で検索なさってみてくださいね。

本屋さんで見付けたこちらの本の中に、ドーセットボタンが紹介されていました。
作品ページが1ページ、作り方で1ページ、
毛糸で作ったDorset Ring Buttonsが掲載されています。
Dorset CrosswheelとOld Blandfordの2種。
どなたか先生が作られているのでしょうか。
お名前をよく見てくれば良かった。
教室があるなら伺ってみたいな。

「糸巻きボタン」として載っています。
「糸を巻く」というと、わたしは
オーストリアンスタイルのリングボタン Zwirnknopfとか、
いわゆるチェコの糸ボタンとか、
passementerie buttonsの中の織りのないものとか
作業としてはそういう種類のファブリックボタンをイメージします。
もしかしたら、糸ボタン全体を総称する意味で名付けられたのかな?

Dorset Ring Buttonsをわたしだったら何と日本名を付けるかなぁ。
きっと付けないでそのまんま呼ぶかも。
語彙力ないから。へへ。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment