日本っていいなぁを思う初秋

お弥彦さま弓道場開き (8)
大分、空が秋らしくなってきました。
この気持ちのよい空を見上げつつ、
牛に引かれて善光寺参りならぬ、娘に引かれてお弥彦さま詣りにでかけてまいりました。
お弥彦さま弓道場開き (9)
弥彦神社は越後一の宮。
近年は、パワースポットなどと、若いお嬢さん方も多く訪れているようです。
わたしは、あまり、このパワースポットという言われ方は好みではないですが
御当地が潤うのであればヨシ。
神様がおられる場所、自然と背筋が伸びるというものです。
本年、弥彦神社は、大正の御再建・御遷座から数えて100年ということで
様々な奉祝行事が執り行われたり、武道場が建て替えられています。
弓道場開きが執り行われるというので、これは是非見たいということになりました。
滅多に見られるものではないから是非行ってみてはいかがかと、
先日の弓道大会でお話をお聞かせくださった方が教えてくれたのです。

お弥彦さま弓道場開き (1)
新しい弓道場は、遠くにいても木の香がこちらに届きます。
静けさの中で、時折軽やかに響く鳥の声と、少し時期が遅めの蝉の声が、なんとも風情があります。
お弥彦さま弓道場開き (2)
祝詞の後、鳴弦の儀というものが行われました。
この後、弓を持って壇から降り、その弦を弾いて、四方に音を響かせます。
柏手や鈴と同じく、音によって魔を払い、神様をお呼びするものなのでしょうか。
蟇目の儀、巻き藁謝礼と、初めて見る儀式が続きます。
一つ一つの儀式を、マイクを通して説明してくださるので、
知識のない、わたしのような者でも、興味深く見ることができました。
我が子が、先生、先輩方に大変よくしていただいているのも知ることができましたし、
有難さや、清々しさでいっぱいの一日でした。

お弥彦さま弓道場開き (4)
真新しい甍が美しいです。
お弥彦さま弓道場開き (5)

お弥彦さま弓道場開き (7)
こちらも新築された相撲場。
夏には横綱が来られました。
土俵の向こう奥に、はざかけが見えますね。
お弥彦さま弓道場開き (6)
今年の初穂です。
そういえば、神社に納めるお金を初穂料と言うけれど、これと関係しているのかな?
調べてみようっと。

お弥彦さま弓道場開き (10)
日本海は水平線もくっきり。明日は晴れですね。

今宵は十五夜。
改めて日本っていいなぁを感じている夜です。
DSC09062.jpg


関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment