どっちがいいのかな

古書店に出そうと、棚から外してあった手芸本、
そろそろ古書店に持っていこうと、もう一度見直しました。
ちょうどそのタイミングで、近所で一箱古本市が開催されると知りました。
出店料は、うれしい無料。
えー、どうしよう。
どっちのほうが、はけるかしら。
どっちのほうが、手芸本好きの方に渡っていくのかな。
他人様とお話しするの、わたしにできるのかしら。
挙動不審にならないかしら。
悩むなー。
でも、ついでにちょこっとなら糸ボタンを置いたりして、広められるかな。
使っていないヤーンホルダーとか、タグの付いたままの毛糸とかも出してみようかな。
子供たちの予定を確認してみようかな。

この見直した際に見付けたMollie MAKESの記事に面白いものがありました。
縄編みのふくろうのハンドウォーマーに惹かれて買ったはずのこの号、
よくよく中を見たら、風呂敷の使い方が掲載されています。
ほんの小さな記事です。
日本人にとってはごく当たり前に四つ角を結びあう形の包み方ですが
海外の方からは興味を持って見てもらえるものなのでしょうか。
「FUROSHIKI」って書いてありますよ。面白いなぁ。
これだから手芸本集めはやめられないんだな。
関連記事

 手芸本

0 Comments

Leave a comment