今ならなか見できるようです【追記あり】

以前に左枠に置いてあったおすすめ本、
リンクを切りますよーってお知らせが随分前にあったのに、放っておいていました。
もしもクリックされた方がいらしたら、ごめんなさい。
一体どこにつながっていたんだろう…。
混乱させては申し訳ないと、結局ブログから外すことにしたのですが、
今でも時々、本についてのお問い合わせがあるので、少しずつ記事として御紹介しますね。

ジーナさんの本やDVDについては、
amazonで求めるよりも、左枠のリンクからジーナさんのショップへ直接行かれたほうがいいと思います。
先日も書きましたが、わたしに個人的利益は何らありませんので、御安心を。
材料も一緒に求めることができますし、思っているよりずっと早く着荷します。

ザビーネさんの本についても同様です。
彼女のホームページにはカートを置いていないので、
メールにて在庫の有無を問い合わせてから注文する形になります。

以下はわたしが最初に手に入れたボタンメーキングの本です。
大分、高騰していますなぁ。びっくり。
ですが、今なら中身が少し見られるようです。
けっこういいページが公開されているので、今のうちに是非立ち読みするのもよいかと思います。

↑こちらの画像はamazonアフィリエイトにリンクしていますので、
お嫌な方は御自分で検索なさってくださいね

kindle版もあるんですね。へえ。
この本、そう大部なものではないのに、ぎゅぎゅっといろんな技法が詰め込んであります。
ニードルレース系、パスマントリー系、編みくるみ(しかもバリオンステッチ)、そしてコードを使うものも。
この中で、カナガワのオリヅル印の絹穴糸を見付けて嬉しくなりました。
絹穴糸だったら持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
タティングレース、はやってましたもんね。


まだ、これまでに御紹介していない本もあるので、
ぽつぽつと、時間ができたら載せていこうかと思います。
最近は余りボタン本探しもしていなかったので、
わたしの知らないものもあるかもしれません。
何か情報がありましたら、是非教えてください。


これまでに記事として上げてあったものについてはカテゴリ分けをしました。
お役にたてれば幸いです。
記事にしていない本についても、追々上げていきたいとは考えています。
どうか気長にお待ちください。

関連記事

 ボタンの本

0 Comments

Leave a comment