11月22日

11月22日、いい夫婦の日の話ではありませんよ。
何の日でしょう。
そう、日本におけるボタンの日です!
日本釦協会のホームページに、この由来が書いてあります。

「ボタンの日」の由来は、
 明治3年(1870年)にヨーロッパスタイルのネイビールックが日本海軍の制服に採用され、
前面に2行各9個、後面に2行各3個の金地桜花のボタンをつけることが決められたことによります。
この年の出来事を記念して、
日本のボタン業界が昭和62年(1987年)に11月22日を「ボタンの日」と定めました。
また、ボタンの漢字である「釦」の文字は、太政官布告の際にボタンの文字がなく、
服の口に金属製品を入れて紐の代用にする意味から「紐釦」と書き、
これをボタンと読ませることを採用したのが始まりといわれています。」

金地桜花のボタンを探すと、骨董品からレプリカから、いろいろなものが見つかります。
どれが「釦」の最初の模様なんだろうなー。

布と布とをつなぐボタン。
かっちりとその間をとじるボタン。
わたしも糸ボタンを練習し始めてから、思いもしなかった方々とつながっています。
日本人のわたしのボタンが「釦」らしくあれるように、糸と針で模様をつづっていきたいです。


関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment