嬉しい、もしや

ジーナさんの今日のボタン、日本の絹を使ってるって書いてある。
もしや。
むふふ、そうだったら嬉しいなぁ。
それにしてもすごいのは、あれだけ細い糸を使っているのに、
みっちりと糸が並んで、木地が見えないことですよね。
やっぱりすごいな。
いつか、わたしもやってみたいな、この水仙。
ベースのボタンは基本的な技術でできるものなのに、
ボタンの上でスタンプワークすることで、水仙にしてしまうんだから、やっぱり素晴らしい。
これはますます3月5日のテレビ出演が楽しみですね。

ジーナさんもザビーネさんも、ああ、そうくるのかっ?!という驚きをいつもわたしにくれます。
先日も、ザビーネさんから画像を頂いたのですが、それを見て、もう、感嘆しました。
日本人のわたしには絶対に思いつかない(多分、皆さんも思いつかないですよ)ことを
軽々と、だけど違和感なくやってしまう、そのセンスに、もう、ただただ驚いて、
それをしているのは、多分、世界中であなただけよ、すごいっ!って返信しましたもの。

こういう方たちとほんの少しでも関わりを持つことができる幸運に、心から感謝しています。
もちろん、こちらに御訪問くださる方々とも、お近づきになれて有難いです。
皆さん、どうもありがとうございます。



ザビーネさんのワークショップ、いいなー、うらやましいなー。
わたしは何コースがいいかなーって、参加できないのに想像してみる。
ジーナさんの春以降の新スタジオでのワークショップも、いいなー、参加したいなー。
言葉は分からなくても何とかなる、きっと。多分。
どこでもドアが本当に欲しい。

娘たちが「ボタンの作り方を教えて」と言ってきたので、
学校が受験休みに入ったらやろうと約束をしました。
まずはやっぱりリングのボタンからかな。
欧州には行けないので、我が家で自主練習です。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment