謎はすべて解けた! その2 ~モールドの糸ボタン~

ギンプでくるむ1
同じ材料を用意できなかったので、
ギンプの太さや石の大きさに合わせて少し変えてはいますが、
お手本ボタン→SUUSUさんから買ったボタンと基本的には同じことをやってみました。

四角いボタンは糸で、丸いものは布で、ファンデーションを施しています。
ギンプでくるむ4

ギンプでくるむ3

ギンプでくるむ2

やはり、基本的なことをきちんと丁寧にやっていったほうが、きれいに出来上がりますね。
使う材料、色で、全く違った雰囲気になるのも面白いです。
昨日アップしたボタンは、謎が解けた嬉しさのあまりに撮影したもので、
わたしにとっての記録でしかなく、木地も丸見えでお恥ずかしいものでしたので、外しました。
今日のボタンのほうが、針の動きが分かるかと思います。

今回、うーんと唸って作っていったことが、かなりの楽しさでした。
次はどんなものに挑戦しようかな。
しかし、今回、改めて思ったのです。
真似をして再現することは、ある程度の経験があればできるのでしょうけれど、
そのオリジナルを考える方たちの創造力、ひらめきが心底うらやましい。
技術とセンスを兼ね備えた創造力、あー、わたしに降りてこい!
いや、まず、技術だけでも上げてからか。
関連記事

 モールドのボタン(wrapped buttons)

0 Comments

Leave a comment