武運を! ~モールドの糸ボタン~

長女が、また一つ上位段を目指して、弓道の審査受審の申し込みをしました。
「受審料は?」と聞くわたしに、
「自分で払ったほうが本気で取り組めると思うから、自分で払うよ」と言います。
彼女のこういうところは、いい感じに育ったなぁと、親ばかですが思います。

それじゃあ、母のわたしにできることは何かしら。
力の出るお弁当を作ることと、
彼女がこれまで積み重ねてきたものを心を残すことなく発揮できるよう祈ることくらいか。
審査日近くになったら神社へお参りに行こう。勝負の神様はどちらだったかな。
やっぱり越後一宮のお弥彦様かしら。弓道場もありますしね。
そうそう、余り知られていないけれど、都道府県別の神社数では、新潟県は日本一なのだそうです。
ああ、また話が逸れるところだった。わたしにできることを話していたのでしたわ。

そして、これ↓。
皆中 25mm×25mm
家紋風に違い羽根にしようかとか、三つ矢にしようかとか、いろいろなデザインを考えましたが、
4本の矢が中心を射抜く、この図案に決めました。
高校受験のときだって、梅ボタンを作りながら願ったら、有難いことに天に通じましたからね。
もちろん彼女の頑張りがあってこそです。
今回だって、日々長女は努力していますもの、あとは落ち着いて取り組めばきっと大丈夫。

弓に巻いた握り皮の端切れ(これは菖蒲柄です)を長女からもらっていたので、
ボタンの裏面にそれを貼り、ストラップ金具を付けて、矢筒などから下げられるような形にしました。
裏面 ボタン根付け



さぁ、心を平らに、そして、武運を祈る!
関連記事

 モールドのボタン(wrapped buttons)

0 Comments

Leave a comment