花畑へ行こう

世の中は、
高速道路が渋滞しているとか、
新幹線の乗車率がどうだとか、
空港利用者がどうだとか、
そんな、ゴールデンウィークらしい話で盛り上がっておりますね。

我が家は、今朝も、
いつもどおりの時間に起きて、
いつもどおりにお弁当を作り、
いつもどおりに朝食を食べさせ、
いつもどおりに子供達を送りだしました。

午後、彼女たちが帰宅するまで、夫と二人、車で30分、こんなに素敵なところへ出かけてきました。
花畑と気球2
菜の花畑です。
曇り空から時折のぞく太陽に照らされて、花の色がまぶしいほどです。
菜の花のじゅうたんを高いところから楽しめるように、気球の係留飛行がおこなわれていました。
菜の花4

菜の花3

菜の花畑の隣には、これまた色鮮やかな花のじゅうたんが広がっています。
チューリップ畑
チューリップ畑です。
この時期、新潟駅、新潟空港からそれほど遠くない場所にチューリップ畑が何面も広がります。
球根を育てているんですよ。
新潟県の花はチューリップです。
あまり知られていないですが、日本で一番最初にチューリップの球根栽培がされたのは新潟で、
現在でも、チューリップの切り花出荷数、球根生産量ともに、お隣の富山県とまるで競っているように盛んに作られています。
ゴールデンウィークのこの時期は、新潟市街でもチューリップの花絵が作られ、よい香りを漂わせます。
球根を太らせるために、花は摘まなければならないのですが、
切り花のように長く茎をつけるのではなくて、花もとからプチンと摘み取ります。
これではもったいないということで、その摘み取った花を利用して、
花絵を製作したり、花弁染めをしたり、香水が作られています。
わたしもこの畑で球根掘りをして、めずらしい球根を購入しました。

チューリップ13 チューリップ12

チューリップ11

チューリップ9 チューリップ8

チューリップ7 チューリップ6

チューリップ3 チューリップ

 チューリップ2

チューリップ畑10

今年は花の終わってしまった畑が多いですが、来年の連休の御予定に花めぐりはいかがでしょう。
花絵は、毎年絵柄が一般に募集され、連休中は展示されています。
やはり摘んでから時間を置かないほうが、見た目も香りもよいので、お早めに来県されてくださいね。
以前のチューリップフェスティバルの記事に花絵の写真がありました。→
関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment