「手芸百科事典」

思ったより着荷が遅くて、じりじりと待ちましたが、ようやくわたしの本として手にすることができました。


※この画像はamazonアフィリエイトとリンクしています。
お嫌な方はクリックなさらず、御自分で検索してください。

もう一度、じっくりと見ると、わたしの記憶していたよりもボタン関連の項目が多い。
これはうれしい。
関連記事

 わたしのお宝本

0 Comments

Leave a comment