孔雀 ~リングの糸ボタン~

孔雀
鶴のボタン同様、Zwirnknopfeスタイルのリングの糸ボタンです。
孔雀に見えるかしら。
広がった羽根にどの色を使うか、そして、選んだ糸をどこに置くかを決めるまでが、大変時間がかかりました。
針を出し入れする場所や糸を渡す角度によって色の分量が変わるので、
少しの違いでまったく雰囲気が異なる羽根になります。
これは実験をしているようで、面白かったです。

孔雀本体は、これはもう地道な作業。足が少し長くなっちゃったかな。
「ハリーポッター」を見ながら、ちくちくちくちく刺しました。
いいなー、ロンドンのスタジオ、行きたいなー。

いつも、作るときは夢中で進めてしまうので、後になって糸掛けの順番を思い出すのに大変です。
やりながら記録を取らないと、忘れてしまいますね。
写真を撮りながら、針を進めればいいのかも。

さて、今日の新潟は賑やかです。
AKB総選挙で大勢の人が来県しています。経済効果15億円ですって!
午後には安倍総理が来県されます。暑いけど、出かけてみようかな。混むよねぇ。
関連記事

 リングのボタン(ring buttons)

0 Comments

Leave a comment