きっとわたしは星まで飛ぶでしょう

第198日目のGinaさんのボタン、ご覧になりましたか?
ページを開いた途端、わたしはうれしくて飛び上がりました。
だって、わたしの名前がついたボタンですよ!
ああ、もう、どうしよう、こんなにうれしいことがあっていいんだろうか。

Ginaさんが書かれているように、お引越し祝いに麻の葉の組子細工のコースターをお送りしたのですが、
それが見事にボタンで表現されています。
このシャープなライン、本当に美しいです。
目にしたものを取り込んで、消化して、別の形で表現する、
ああ、本当に素晴らしい。
忙しい中でも衰えない創造性を持つ彼女は、わたしの憧れです。

そして、今回のことをともに喜んでくださったお友達がいます。
もう、かみしめきれないほどの大きな幸せに、わたしは今、星まで飛ぶような気分です。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment