裏道をいく

バテンレースは裏を見ながらかがっていきます。
なので、型紙から外すまで、表側が自分の思ったようにできているかどうか分かりません。
そこが、怖いんだけど、面白い。
そして、面白いんだけど、怖い。
糊付けしていて間違いを発見したときの、あの血の気が引く感じは、本当に恐怖(笑)。

取り入れてみたいステッチがあった場合、
それを見た目のまま刺してしまったら、出来上がりに裏目が出てしまうことになるので、
頭の中で反転してから刺すわけです。
うまく説明できるかな、
例えば、チェーンステッチは、表から刺す際は針に糸をぐるっと掛けるようにして進みますよね。
それを反転させるわけだから、チェーンを表に出したいときは、下に糸輪を作って、それを掬っていくのです。
表にどう糸目を出したいかで使い分けていく必要があります。
そのまま刺していいか、反転させるか。

ここのところの反転暮らし(笑)もようやく終わりが見えてきました。
果たして思い描いていた糸模様ができているかどうかはまだ分かりません。
でも、地道に裏道をこつこつ進んでいった先に、思い描いた景色があるはずと、
自分の生き方と並べながら針を進めるのも、また楽しいです。

関連記事

 バテンレース

0 Comments

Leave a comment