今年は栃木へ (3)

2日目は、世界遺産 日光二社一寺を拝観します。
まずはやはり東照宮から。
こちらには7年ぶりに詣でます。
7年前は、まだ長女は小学4年生、次女が保育園年長組でした。
今回は、陽明門、眠り猫や三猿は修復中で見ることができませんでしたが、
娘たちは2人ともその6年前に見たことを覚えていたので、よかったです。

2日目も早々に朝食を済ませて出かけて行ったので、
二荒山神社の駐車場もガラガラ、東照宮の拝観受付にも人の列はなく、
すいすいと東照宮の表門をくぐることができました。
2日目ー4

 2日目ー8  2日目ー2

修復の様子を見ることができるのも非常に興味深いです。
陽明門の柱の塗りが取られて、木地が見えていました。
2日目ー3 2日目-9

修復が完了した箇所はぴかぴかつやつやです。
2日目ー11

前回拝観時には修復中だった唐門は、胡粉の白もまぶしく修復され、その彫刻の細やかさに驚きます。
ちょうどいい感じに巫女さんも写っていました。
2日目ー21 
2日目ー22 2日目ー29

2日目ー24 2日目ー31

2日目ー30 2日目ー10 
前回ももったいなく思ったのですが、やはり今回も同様に感じたのは、
海外からの観光客が多いのですが、鳴き竜の声を聴かずに薬師堂の拝観を終えられる方がいらっしゃることです。
社寺の側で外国語説明をするのは大変だと思われますので、
そこは観光する側で、訪問前に、情報を手に入れてこられるとよいのになぁと思います。
あの拍子木の硬い音の後に、コロコロと鈴を転がすような音が続くのは不思議ですよね。
よくある鳴天井の蜂の羽音のような音ではなくて、ちょうど鈴を転がすような音。
天井から睨みをきかせている竜は大きく迫力があるのに、鳴き声とされる音のかわいらしいことったら。

2日目ー7




一つ一つの装飾を見ていたら、どれだけ時間があっても足らないので、
そろそろ人も出てきたということで、二荒山神社へ移動しました。
2日目ー17 2日目ー5
縁結びの神様、運よくお式を終えたばかりの花嫁さんに遭遇できました。
やはり和装はいいですね。
とてもお似合いで、幸せそうなご夫婦でした。
ご神木

杉並木
杉並木を、人力車に乗ったかわいらしい御姉妹がいました。七五三の写真撮影でしょう。
写真屋さんのカメラマンとは別に、ご両親が遠くから撮影を見守りつつカメラとビデオを両手に撮影するという、
これまた幸せな光景にも遭遇しました。

関連記事

 おでかけ

0 Comments

Leave a comment