うれしいこと続きです

しばらく連絡が途絶えていた大好きな方がいて、
どうしたのかなぁ、お元気かなぁと、ずっとずっと気になっていました。
その方から、メールをいただきました。
ちょうど着信があったとき、PC前に座っていたので、
それはもう、うれしくて、うれしくて、即座に返信しました。
ああ、いいことがあったなぁと喜んで、何があっても不思議と顔がにやけていたら、
これまた降ってわいたようなうれしいお話をいただきました。

知り合いの方が素敵なスタジオをオープンされました。
自分の夢を実現されるというのは、本当に格好いいなぁと思います。
静かな通りの、おしゃれな空間です。
その方に、今まで作った糸ボタンやバテンレースをお見せしたところ、とても驚かれて、
これは他の人にも見てもらいましょうよと言ってくださいました。
あとはわたしの頑張りと能力次第なのですが、
もしかしたら、そちらのスタジオのほうで糸ボタンを幾つか展示させていただけるかもしれません。
詳細が決まったら、またお知らせします。

わたしのように、ばたばたと時間に追われつつ、それでいて、ぽわーっと何となぁーく生きている者でも、
時々大きなうれしいことがひょこっと現れるんだなぁと、感謝しています。
続けてきたことの意味ってあるんだなって思いました。
ちょっと前に、何だって物事はそうなるようにできているって感じの話を書いたけれど、
前職のままだったら、こういうお話も断らざるを得なかったわけで、
何にでも流れってあるんだなぁって改めて思っています。
心理テストや占いのチャートのように、
一日の中でもたくさんの岐路があって、それを選択をしながら進むうちに、
いろんな方と出会ったり、いろんなことに興味を持ったり失ったりして、
自分が描いてもいなかった方角へ動いていくことがあるんだなぁと感じています。
自分がただただ楽しくて作ってきたものが、
多くの人に見てもらったほうがいい、しまっておくのはもったいないと言っていただけるなんて、
こんなに光栄なことがあるでしょうか。
お声をかけてくださった、ご期待を裏切らないようにしないといけません。
仕事を頑張って、自分の時間を増やさなきゃ。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment