ドキドキの理由

今日は、素晴らしい方と「マグノリア」にてお目にかかることができました。
びっくりしますよ。

石井康子先生です。
「四季を彩る加賀のゆびぬき」の著者でいらっしゃいます。

※この画像はAmazonアフィリエイトにリンクしています。
お嫌な方はクリックなさらず、ご自身で検索なさってください。


先生がドーセットボタン、糸ボタンで検索をされていた際に、
わたしにとっては何ともラッキー、
運よく拙ブログがヒットして、たまに見てくださっていたそうです。
今回、金沢へお出かけになる途中に、新潟へ寄ってくださいました。

もっと羨ましがらせちゃおうかなー。ふふふ。
先生がお作りになった加賀ゆびぬきも、ずらっと見せていただくことができました。
もう圧巻です。「ひゃぁ~~~っ」と変な声が出るくらい、美しかった。
先生の御著書にサインもいただくことができました。
わたしのお宝本、追加です。

聞くお話も興味深いものばかりで、手芸オタクで本当によかったです。
わたしの周りは、金にもならないことにはまり込むわたしをあきれていたかもしれませんが、
あちらこちらをかじり散らかしていたおかげで、
先生のお話を楽しくお聞きすることができたと思います。
しばらく、記事の中で、お許しをいただいたらご報告すると書いていたのは、
この、石井先生とお会いできるということでした。
連絡をいただいたときのわたしの舞い上がりっぷりをご想像ください(笑)。
お祝いにと先生からお花が届いたときの、「マグノリア」さんとわたしのちょっとしたパニックぶりも。

やはり、「マグノリア」さんに感謝です。
展示する機会を与えてもらわなければ、
このように素晴らしい出会いもなかったでしょう。
お近くの方は是非一度、覗いてみてください。
優しい店主さんが笑顔で待っています。


関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

2 Comments

きるとねこ  

ありがとうございました

こんな風に書いていただくと、普通のおばさんでしかない中身の私としては恥ずかしいくらいですが、拝見しに伺って良かったと思いました。
とても素敵な糸のボタンたちがカラフルに迎えてくれて、ちくちくちどり様も、マグノリア様も本当に良い方たちで、時間を忘れそうになりました。
またいつか新潟にお伺いいたしますね。
そしてまた糸ボタンのこと、その他の手芸談義に花を咲かせたいと思っております。

ご縁がつながりました。
これからもどうぞよろくお願い申し上げます。

2016/09/22 (Thu) 19:13 | REPLY |   

ちどり  

こちらこそ、ありがとうございました

お忙しい中、また生憎の雨の中を、新潟までお運びくださり、本当にありがとうございました。
なにぶん、独学で、いつも一人きりでの作業ですので、うまく説明ができたかどうか甚だ心配ですが、
先生とお会いできて大変光栄でした。
先生のお話はどれも勉強になりましたし、頂いた言葉は本当に励みになりました。

以前から、どうしようかなぁ…という懸案事項があったのですが、
先生とお会いして、
「手芸オタクを自称するなら、やっぱりそこはやらなくちゃ!」と思い立ち、
一つ、動いたことがあります。
うまく進みましたら、またご報告させてください。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2016/09/22 (Thu) 21:38 | REPLY |   

Leave a comment