「新しい手あみ ストレッチ編」

図書館の「新しく入った本」コーナーに、面白い本を見つけました。

※画像はAmazonアフィリエイトにリンクしています。
お嫌な方はクリックなさらず、ご自身で検索してください。

↑Amazonで同じ本を探したら、この日本ヴォーグ発行の本がヒットしました。
表紙の画像は全く同じ。
でも、わたしが借りてきた本は日本ヴォーグのものではないです。
「NKM手芸協会」発行となっています。
いつもどおり空耳空目のわたしは、家に帰るまで「NHK出版」だと勘違いしていましたけど。
平成15年に初版発行。
ISBN番号は無し。
でも、表紙も裏表紙も、レトロな画像のままです。
だから、きっと復刻本?
ストレッチ編みの権利を持っているところがあるのかな。
この本↑の表紙と違うところは、赤ちゃんの右上に「入門編」って書いてあるところ。
上級編もあるのかしら…と思い、サーチしてみましたよ。

ストレッチ編講師会ホームページというのを見つけました。
図書館にあった本に記載があるのと同じ連絡先です。
針や本も販売しておられますね。
「イベント」にある、ストレッチ祭っていうのも気になる。
教えてくださるのかな?
岡山を中心に、各地に教室もあるようです。
編み物、ニッティングと一口にいっても、いろいろな技法があるものだなぁ。
新潟の図書館に置いてあったってことは、誰かが取り寄せ願いを出したのかな。
面白そうだけど、もうニットからは手を引くつもり。
毛糸が減らないんだもん…。
関連記事

 手芸本

0 Comments

Leave a comment