母さんは最強 ~リングの糸ボタン~

このボタンを作っていたとき、長女が通りかかって、
「うわぁ、すごく素敵!」と、褒めてくれました。

「本当?
 ”こういうことを言いたかったんだよボタン”を作ろうとしたら、
 今までのわたしじゃ思いつかないようなものができそうだよ。」と答えたら、

「よかったねー。
 Gerdaさんのボタンのときみたいに、
 ”作りたい母さん” に ”誰かのために”が加わったのなら、
 母さん、最強だね♪」と、長女。

そうか、誰かのためって、大きな力になるんだね。
お姉ちゃん、ありがとね。

Pearl beads2



結局これはブローチにしました。
マグノリアさんに着けていこうと思います♪
関連記事

 リングのボタン(ring buttons)

4 Comments

リーサ  

ホント素敵!

長女さん、おかあさんのこと、よく理解されているんですね!朝から、素敵な会話に、ほっこりさせていただきました。それにしても、素敵なボタン!プライダルの小物にあしらったら、素晴らしいのができそう。ビーズを織り込む(?)シリーズ、もっと、色々できそうで、楽しそう。楽しみです!

2016/11/03 (Thu) 08:38 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

リーサさんへ♪

ありがとうございます。
長女とはぶつかることも多いですが、やはり娘たちはわたしの大きな原動力です。

このボタンは大きいものなので、ブローチや髪飾りにしたら映えるだろうなと思います。
大阪にはこれをブローチにして着けていこうかな。

2016/11/03 (Thu) 18:10 | REPLY |   

きるとねこ  

素敵♪

素敵♪
誰かのために…
その「誰か」が多くの方たちのことでありますように。
ちくちくちどりさんのボタンに憧れ、素敵だと思う人たちがたくさんいると思います。
そんな一人ひとりにちどりさんの思いがボタンを通じて届けられますように。

2016/11/03 (Thu) 18:41 | REPLY |   

ちどり  

きるとねこさんへ♪

ありがとうございます。

他の方に自分の経験を伝えながら、
「わたしだったらどうする?」というのを考えるようになりました。
これまで、ただ自分の頭に浮かぶものを作っていたときとは違う方向から考えるようになり、
その中で、自分でも忘れていた引き出しを開けるような感覚を多く味わっています。

そして、実際に押入れの引き出しも開けて、在庫も減らしています(笑)微減ですが…。
すべての材料が家にあったものなんですよ。自分にあきれます。
このパールビーズもまさに罪庫でした。
生かすことができてよかったです。

わたしが作り始めた頃より、
海外でも国内でも、パスメントリーボタンに興味のある方は増えたと実感します。
少し先に始めていた先輩として、何ができるかなと考えています。

2016/11/03 (Thu) 19:01 | REPLY |   

Leave a comment