時代が進むというのは寂しいこともある

大変久しぶりに、ハム会社のピザ(家で焼くだけのもの)を買ってみました。
スーパーに行ったら、売り出し中で、テスト前で部活動もなく家にいる次女にいいかなと思って。
どれくらいぶりに買っただろう、本当に久しぶりです。
いろんな味があるのにも、ちょっと驚きました。

さて、焼きましょうと袋から取り出したら、
あら、今のものは、下に敷いてあるのは紙皿なんですね。
処分しやすいように?資源ごみで回収しやすいようにかな?
ちょっと寂しい気持ち。

昔、プラスチックシートだったとき、
それは捨てずに必ず取っておいて、半月ほど、子供たちとそれで遊びました。
何をして遊んだかというと、紙相撲です。
シートを裏返すと、ちょうど土俵のように中心が円形に盛り上がっているので、
(ピザが置いてあった部分ですね)
そこに油性マジックで2本線を引いて、
四隅の段が下がったところを、トントンと叩くようにして、紙相撲で遊びました。
力士はそれぞれが作って、強くなるように工夫して、
見た目にも強そうに見えるように眉を太くしたりして。
楽しかったですよー、子供と紙相撲。
この紙皿ではそれができないな。寂しいことです。



関連記事

 子供とおしゃべり

0 Comments

Leave a comment