習うは楽し

がんばって仕事を終えたので、今日はここへ行ってきました。
砂丘館
砂丘館
旧日本銀行新潟支店長宅です。
どっぺり坂を上がって、横断歩道を渡るとすぐのところにあります。
どっぺり坂は、映画撮影やミュージックビデオの撮影にも使われたことがあるような、
ちょっと新潟っぽくないおしゃれな坂道です。
今日は砂丘館へ行こうと急いで歩いていたために、写真を撮るのを忘れていました。
来週、また砂丘館へ行くので、そのときには撮影してきますね。

で、何のために急いでいたかといいますと、
今日は砂丘館で水引講座があったからです。
先生は市内のご祝儀用品店の職人をされていた方です。
拙ブログに長くお付き合いくださっている方はご存知かもしれませんね、
いつもわたしが贈り物をするときに、水引飾りを作ってもらうお店です。
基本の結び方を教えてくださった後に、
職人さんならではのコツというか、早くきれいに結ぶ方法を、
ときどきちらっとお話ししてくださるのがとても興味深かったです。
来週またお会いできるのが、今から楽しみです。

第1回目の今日はあわじ結びを習いました。
本で見るのと、教えていただくのは、やはり全然違います。
手、指を置く位置、引き方、すべてにそうする理由がありました。
ご祝儀袋に紅白のあわじ結びをするのが難しかったですが、
先生から、
押さえる場所、手の持っていき方、触っていい場所、いけない場所、
5本の水引を平行に並べるコツみたいなものを教わったら、
2度目は、美しさの点ではまだまだですが、何とか形にはできるようになりました。

第2回目はまた新たな結びを教えていただけるんですって。楽しみ。
作ったものの画像は、まだまだへたっぴいなので、お蔵に入れておこうと思います。
次回までに練習してきなさいと、花水引をたくさん頂きました。
ボタンにも生かせそうですし、練習しますよー。
やることいっぱいって、忙しいけど、なんて楽しい!
もう少し上手になって、お見せできるといいのだけれど。
年末までのお楽しみがまた一つできました。
関連記事

 いろいろハンドメイド

3 Comments

リーサ  

伝統

あら、お稽古は、バテンレースでなくて、水引だったのですか?!
素敵ですね。興味津々!
友人のひとりが、長野県飯田にいて、かわいい水引をお土産にくれたことがあります。その時は、きれいで、嬉しい!だったのですが、今調べたら、水引の70%が、飯田で作られていて、その普及ブロジェクトもあるのを発見。今度会ったら、きちんとお礼を言い直さなければ。
私の世代が若かった頃、顧みられなかった「伝統」が、今それぞれの地方で、継承の若い力が育ちつつあるのが嬉しいです。「伝統」には、それぞれ利にかなった「型」があるのも、興味深いです。受け継がれてきた「型」は、きちんと継承しつつ、新しい風を吹き込む、その現場を見て歩く巡礼旅にも興味津々(笑)

2016/12/01 (Thu) 08:13 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

リーサさんへ♪

バテンレースはもちろんやっていますよー♪
ちょっと浮気です。
今回の水引講座は全2回、お正月に向けての水引細工入門という感じです。
和室で習う水引というのも、なかなか趣がありました。

そうですね、飯田の水引、がんばってますよね。
長野に住んでいた頃に何度か出張で行きました。
あの頃にもっと興味を持っていたらなぁと思います。

伝統手工芸を巡る旅、いいですね。
大阪会の際に、京都で組みひも体験してきます。
今からものすごく楽しみです。

2016/12/01 (Thu) 08:25 | REPLY |   

ちどり  

鍵コメM様へ♪

元気です♪
仕事に追われておりました。

水引をブレードと捉えると、絹巻の水引はすぐにでも使えます。
まずはあわじ結びの宿題をやらなくちゃ!
でも、今日はバテンレースの日です。
時間のやり繰りが下手なくせに、手ばかり広げるこの癖、直す気なしです。
どこかで生きると信じております。

2016/12/01 (Thu) 08:43 | REPLY |   

Leave a comment