京都の思い出 2個目 ~モールドの糸ボタン~

AFEの糸で2個目

今日は仕事もバテンレースも頑張ったので、寝る前のご褒美にボタンメーキングをしました。
少し画像が暗めかな。
でも、発色の良さが伝わるのはさすが。
このコードも糸もAFEさんで購入したものです。

今日も得るものの多い一日でした。

今年最初のバテンレース教室は、
他の生徒さんの完成品を見せてもらったり、
先生といろいろとお話ができました。
もっと多くの人に新潟のバテンレースを知ってもらいたいな。
というより、新潟に素晴らしい先生がいるんだということを知ってもらいたいと思います。
わたしが先生の教えをきちんと得ているかと言えば、まだまだな部分もありますが、
一応は認めてもらった者として、何かできることはないかなぁ。
バテンレースであれば、お声がかかればどこでも行けますよ。
バテンとボタンで全国行脚したら、やってみたい人は増えるかな。
そのためには、わたしも腕を上げないと。

やはりプロはすばらしい。
Ginaさん、昨年の大晦日でボタンのプロジェクトを完成させたのに、
翌日から、もう早速、次のプロジェクトを始めています。
今年は刺繍、1日1ステッチをして、1年がかりで作品を完成させるようです。
今日のステッチで、ぐっと明るさが増しました。
毎日何かを続けるって、それだけですごい。なかなかできることじゃない。
あ、わたしも1日1かがりをしてバテンレースを完成させれば、かなりの練習になるのか。
大変そう…直しが入ったら、もう投げ出して逃げるに違いないわ。即、遁走。
でも、そうしたら興味を持ってくれる人がものすごく増えるなら、やってみようか。
今年のステッチショーにバテンレースの会社が出店したらいいのにぃと先生にお願いしてみました。
わたしもお手伝いしたい。デモンストレーションをやれっていうなら、爪もきれいにしちゃうよ。
ダイエットはねぇ、やる気なし(笑)。
ああっ、そしたら、これを理由に大阪に行けるっ?!

関連記事

 モールドのボタン(wrapped buttons)

2 Comments

リーサ  

出店かも?ですか。
実現熱望します!東京でもいいです。新潟だけでも、いいですね。
ちどりさんのバテンレースの作品が並ぶなら、東京に行くかも。
新潟なら、この機に行きたいかも。
赤倉は、スキーで何度か行きましたが、長野の延長みたいなところだし。前から新潟と佐渡島はぜひ行ってみたいのです。

2017/01/08 (Sun) 15:01 | REPLY |   

ちどり  

リーサさんへ♪

> 出店かも?ですか。
いえいえ、わたしが先生に要望しただけで、何の話もないんです。
有沢バテンレースが会社としてバテンレース部門を存続してくれているのは
郷土のため、会社創立の礎となったものだからだというのを先生にうかがったことがあります。
現在は販売はあまりしていなくて、
この技術を絶やさないようにと、後進の育成に努めてくださっています。
わたしもそこで認めていただいた一人です。

あまり儲けはないと思うので、ほぼボランティア、地域貢献というスタンスかと想像します。
日本ヴォーグの北尾先生の「バテンレース」作成の際に、
有沢バテンレースが協力したそうなので、
その辺の御縁で出られたらいいのにぃ…と、希望してみました。
だって、わたしの先生は、技術、作品はもちろん、お人柄も本当に素晴らしいんですよ。
今回、大阪に作品集をお持ちしなかったことを、少し後悔しています。

この冬の新潟市は雪が降っていないです。
暮らすにはいいのですが、今後どうなっていくのかちょっと心配です。
そして、夏は腹が立つほど暑いですe-258。ムシムシと重いです。
でも、初夏の佐渡島は花いっぱいで美しいです。
海の青とカンゾウの黄金色のコラボレーションは、
きっと走り出したくなる景色です。
ロバート・デ・ニーロも大好きな佐渡島へ、リーサさんも是非。

2017/01/08 (Sun) 16:41 | REPLY |   

Leave a comment