リングでも椿 ~リングの糸ボタン~

リングの椿1
モールドの椿ボタン↓を作った後、
椿 直径30mm

「リングを使ったら、しべの部分がきっとかわいい!」と思いついて、
ここ数日、こればっかりトライしていました。
あんまり細かくスポークの割り付けをすると、いっそ布に刺繍したほうがいいんじゃないかってなるし、
でも、しべの部分はある程度密集していたほうが可愛いしっていうんで、こうなりました。
久々、図案から頑張っちゃった。

リング枠が白いせいか、このボタンは接写がうまくいきません。
もう1枚、これはどうかな?
リングの椿 内径40mm
やはりちょっとピントが合っていないですね。
そのうち、葉も添えて、作り直そうと思っています。
でも、試作の繰り返しで、随分と時間と糸を使っちゃったからなぁ。
まあ、そのうち、です。
そのときにはばっちりピントを合わせられるかな?
(粗が隠れるから、ピンボケのほうがよかったりして(笑))

これはドーセットボタンではありません。
久家先生、原先生のリングワークとも違う作り方です。
ドイツ・オーストリアのリングボタンのスタイルです。
それぞれ面白いです。
わたしは、こちらのほうが慣れてきたせいか、図案が考えやすいかもしれないです。
関連記事

 リングのボタン(ring buttons)

2 Comments

摩耶  

前の椿は、洋風なイメージ
この椿は、まるで日本刺繍の一部を
切り取ったようですね

着物の根付けに加工したいほどです。

2017/02/03 (Fri) 15:00 | REPLY |   

ちどり  

摩耶さんへ♪

摩耶さん、ありがとうございます!

モールドの椿は、GinaさんやGerdaさんからも褒めていただいたので、
「わーい、伝わって嬉しい」と、自分でもとても満足しています。

一方、このリングの椿は、もう少し改良したいと考えています。
色がそう思わせるのかな、
花びらどうしの開きをちょっと間違えると
一気にハイビスカス感が増すんですよ。
(図案改良すればハイビスカスもできるじゃん!と喜んではいます)
この冬の間に改良版をアップしたいです。
葉っぱも添えたい。

>着物の根付けに加工したいほどです。
そうなんですよね、
糸ボタン、なんだか楽しくてどんどん作っているのだけれど、
これ、どうする?っていうのが懸案事項であります。
今、一つ、頭にあるのだけれど、一体いつ形になるかなぁ~。へへ。

2017/02/03 (Fri) 15:16 | REPLY |   

Leave a comment