"Knoflíky"

さぁ、チェコから待ちに待ったボタンメーキングの本が届きましたよ!

ご注文された皆さんには既にご連絡しましたが、万が一、届いていない方はメールください。
お返事を頂いた方から順次発送しますので、よろしくお願いします。


A5版のブックレットです。
Hana Hořákovát著 "Knoflíky"
当然、わたしには文章は読めません…。
本のサイズが小さいため、当然ながら作り方図や写真も小さいですが、でも、分かり易いと思います。
以前は、数種類の作り方がハナさんのホームページで公開されていたのですが、
今は削除されてしまっています。
そこで、どうしてもこの本を買いたいと思いました。

この本に掲載があるものは、一部、キャスティング、ラウンディングの順番の違いはあるものの、
基本的にはドイツ・オーストリアのリングボタンZwrinkonpfeと同じ作り方と考えていいと思います。
(全く同一ではないので、そこは区別しておきたいです。)
ということで、Dorset Buttonsとは異なるスタイルのリングボタンになると思います。

この辺の差異について、わたしはこれまでこのように理解してきましたが、
 チャルカさんの記事の中で、
 下の画像中の小さな二つのボタンのデザインについて「ドーセットボタン」とお書きになっておられましたので、
 分類について問い合わせをしました。
 ご親切に、早々にチェコのボタン会社のほうに連絡してくださり、ご回答くださいました。
 それによると、わたしがこれまで理解してきたこととは少し異なるようなので、
 改めて図書を当たったり、Ginaさんたちに教えていただこうと思います。
 同じ物を見ていても、研究と現業の視点では解釈の違いがあるのかもしれませんし、
 そもそもわたしの理解が違っていたのかもしれません。
 今、少々頭が混乱していますが、時間がかかっても確認したいと思います。
 作る上では分類や名称はどちらでもいいといえばそうなのですが、
 既にこれまで拙ブログ記事でも書いたり、ワークショップでもお伝えしてしまっていますので、
 そこに訂正があればきちんと正していきたいと思います。
 しばらくお時間をください。


送付された段ボール箱の中に、Hanaさんのショップでの取扱商品のカタログが入っていました。
いろんなクラフトがあって、面白い。

まとめ人の役得ということで、他の皆さんよりも先に楽しませてもらいました。
以前に見た作り方公開ページで、特徴的な作り方は覚えていたので、
待ちきれずに、本で確かめつつ、すぐに作ってみました。
Hanaさんの本から
真ん中の生成1色のボタンは、本にあるよりもかなりステッチを細かく入れています。
ポンポンした感じに作りたかったので。
本に掲載の作品は、糸の重なりが見えるので、素朴でかわいらしいです。

ワークショップでリングボタンを作られたことのある方は
裏側の扱いについては同じで大丈夫です。
ただ、この本の手順だと、スポークがずれることがあると思いますので、
そこだけ少し注意して進めると、間隔の整ったチェコのハンドメイド糸ボタンが出来上がりますよ!
出来上がったら、是非、見せてくださいね。
関連記事

 ボタンの本

2 Comments

摩耶  

さすが!

さすが!ちどりさん。素早い(≧∇≦)b
私は、織?のボタンで悪戦苦闘です(>_<)ヽ
なかなかリングボタンまで行き着けない
クッソ~って思いながら巻いてます。

体育会系の私としては、この下積みも、又、楽し!です
見捨てられないよう
一生懸命、ちどりさんの後ろを追っかけていきますよ!

2017/02/22 (Wed) 03:25 | REPLY |   

ちどり  

摩耶さんへ♪

わたしが早く作ることができたのは、
摩耶さんより何年か早くボタンメーキングを始めたために、
慣れているだけだと思いますよ。
材料もあるし。
ピンを使う方法でのDeath's Head Buttonしかお伝えしていないので、
もう一つの方法が分かれば、もっと多くのデザインが作りやすくなると思います。

2017/02/22 (Wed) 07:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment