「婦人百科」

手元にある古い本、まだご紹介していないものもあるのですが、
これは探している人もいらっしゃるかな?と思ったので、出してきました。

婦人百科
表紙が光って見えづらいですが、
NHKの「婦人百科」テキスト 昭和43年1月号と2月号です。
「婦人百科」、現在その番組内容を引き継いでいるものは「すてきにハンドメイド」になるのかな?
昔のテキストを見ると、平日は毎日、放送があったことが分かります。
放送内容は、学校の時間割のように曜日によって変わります。
この号では、
月曜日は生け花
火曜日は茶の湯
水曜日は手芸
木曜日は書道
金曜日は洋裁
と、なっています。
1、2、3月号の水曜日、手芸は、
「部屋を飾る手芸」として久家道子先生が教えてくださったようです。
「スエーデン刺繍」の屏風とかのれん、アップリケのピアノカバーなど、かわいらしいものが掲載されています。
そして、この表紙画像の1月号、2月号にはリングワークが掲載されています。
タッチングレースやネット篝の技法を駆使しているのが、さすがです。

かなり古いテキストなので、出回っている数は少ないかもしれないですね。
わたしは、実家で見つけたときに驚喜しました。
母は終活を始めようと、要らない本を処分しています。
わたしも、娘たちが何十年後かに困らぬよう、要・不要を考えておかなくちゃな…。
でも、この古書は要。
「リングワーク」をキーワードにご訪問くださる方が多いので、ご紹介しました。
関連記事

 わたしのお宝本

2 Comments

リーサ  

お母さまに感謝ですね。
大都市の大阪の府立図書館なら所蔵しているかも、と検索してみましたが、ありませんでした。
昔は単行本は収集していたけど、雑誌はしていなかったのでしょうね。あと、雑誌は、破かれたり、返ってこなかったり、があるんじゃないかな。昔はコピーとかなかったですからね。今借りている雑誌でも、抜かれていたりするんですから。
さすがに、国会図書館にはありましたが、(NHKにもあるはず?)1960年代のがあるのは、宮城県立の宮城図書館のみ。
「なんでも鑑定団」に出られるかも(笑)
うちの母は、編み物(機械編み)をやっていて、古い図案集を持っていますが、そのころのかも。
昔は、何でも手づくりだったんですよね。
できる人は、自分でするし、できない人は、知人に頼む。
母は、よく近所の人に頼まれて編んでいました。

2017/03/22 (Wed) 11:02 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

リーサさんへ♪

国会図書館はすべての図書を保存・管理していますが、
通常、公共の図書館は雑誌の保存期間が定められているはずです。
書庫に限りがありますしね。
新潟市立図書館では、保存期間が経過した雑誌は市民に譲渡してくれます。
手づくり系の雑誌は人気が高いようで、いつも、わたしが行く頃には何もなくなっています。

まだまだご紹介していない手芸古書はありますが、
そろそろ整理を始めないといけないなと思っています。
ニット、ソーイング系は、きっともう実作しないですもんね。
100年以上前の本に関しては、図書館に預けるというのも考えたほうがいいのかもしれないです。
わたしの手元にあっては、保管状態が悪すぎますもんねぇ…

2017/03/22 (Wed) 12:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment