大きな糸ボタン ~リングの糸ボタン~

今日はほんとに勉強になりましたよ。
直径55mmで練習
糸の重なりが分かりますでしょう?

大きな糸ボタン 直径55mm
上の寒色系のボタンは、大きな、直径55mmのリングを使っています。
大きさを分かってもらおうと、いつもの直径30mmの糸ボタンと並べました。
径が大きかろうが、いつもと同じものだろうと思って取り掛かったら、あにはからんや、全然違いました。
引き加減も、糸の始末も。

昨年秋にオーナメント↓を作った際は、
下げて飾ろう 直径6~10cm
径は大きくても、太糸を使用したことと、リング芯が太かったので、
厚みが気にならなかったのかもしれません。
作業過程について、あまり苦労や工夫をした記憶がありません。
今回はフラットなリングなので、
糸が重なって、厚みが上に増していくことや、
いかに裏面をきれいに上げるかという部分で、考えながら作っていきました。

やってみなくちゃ分からないなー。本当に面白い。
作るたびに、知らないことが増えて、できない自分が顕わになって、
ますます、まだまだ、「わたし、できます」って言えないなぁって思います。
でも、知らないこと、できないことがあるって、これから先にそれを得る楽しみがあるということよね♪
あと9日、一つでも発見、上達できるといいな。
関連記事

 リングのボタン(ring buttons)

0 Comments

Leave a comment