今日も練習 ~モールドの糸ボタン~

赤×黒 直径27mm
これも針を使わず巻いていきます。
つまり織り技法は使っていません。
面白いです、本当に。

糸ボタン部の皆さん、
これはひし形で、見た目も巻き加減も慣れないとやりづらいかもしれません。
まずは正方形、これまでにやったDeath's Head Buttonで考えてみると、
あら、簡単なのね!ってことになると思います。
それと、おとといのこのボタン↓を
ピンク×黒 直径27mm
ちょっとアレンジする感覚です。
鍵は巻き順。スタート位置をどこに置くかです。
是非、トライしてみてください。
ね、これだから、基本って大事なんだなーって思います。
それでいて、基本ってとっても寛容。
あと6個か。
やっぱり基本からの一歩という視点で練習していこうかな。
関連記事

 モールドのボタン(wrapped buttons)

2 Comments

摩耶  

宿題を巻くのに
図面風の画像をとり散らかせていますが
ご迷惑ではないですか?

図面を書きながら、ちどりさんの凄さを
再認識です。

巻く前に、頭の中でボタンは
出来上がっているのですか?

今回のボタンでは、巻く方向、巻き順ひとつで
いろんな模様になって、本当にびっくりです。

そんなパズルを組み合わせて
素敵なデザインになるのも凄いです!

ちどりさんに教わってよかったぁって
しみじみ思っちゃいました。

本当に、ありがとうございます( ´艸`)

2017/04/30 (Sun) 05:36 | REPLY |   

ちどり  

摩耶さんへ♪

図面で分かる人は、完成画像を見ても分かるはずなので、大丈夫です。

> 巻く前に、頭の中でボタンは
> 出来上がっているのですか?

巻く前にというより、巻きながらかな。
あっ、次のボタンはここをこうしてみようっていう感じです。
摩耶さんがお書きになっているように、ちょうどパズルを楽しむ感じです。
特別に器用だとかいうわけではないので、
たまたま、摩耶さんより少し先に糸ボタンに手を出していて、
その分だけ数を作っているからだと思います。
失敗の経験が多いという…。

SNS巡りをすると、わたしが始めた5年前より、糸ボタンを作っている方が多くなったなぁと思います。
その方たちよりも少し早く糸ボタンに手を出しているので、
素晴らしい海外アーティストとも知り合えて、
それなりの数のボタンを目にしていることと、
その先行した時間の分だけ、持っている資料数が多いということもあると思います。

摩耶さんもきっとそうだと思うのですが、
手芸に関する資格を持っているような人は、どうしても、まずは基本重視ですよね?
何事も、やっぱりそれがないと、
いきなり変わったことをして奇をてらったものになったとしても、美しくはないかなと考えます。
摩耶さんはもともと手先が利く方だし、研究熱心だから、どんどん広げていかれると思います。
また一緒に作る機会を作りたいですよねー。

2017/04/30 (Sun) 07:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment