蒔いた種

私自身が一歩動くことが大切なんだなと、
ほんの一歩動くだけで世界は大きく動くんだなと、感動すらしている4月です。
周囲が動くというより、
わたしが自分の後ろにとどめてしまって見ないようにしてきたものが見えるようになったというか、
不思議なこと、でも、とっても有り難いことがたくさん起こっています。
神様はいるんだな。
わたしがこれまで蒔いてきた後悔の種を拾い集めている感じです。
久しぶりの出会いや、ずっと伝えたかったことを言葉で伝えることができました。

自分で蒔いた種は自分で刈り取れなんていうけれど、
硬い硬い後悔の種は芽が出ることもなく、見付けたときでも、種は種のまま残っているのですね。
それらを「あっ、ここにもあった」「あのときはごめんなさい」と拾って歩く春でした。
そして、わたしはこんなにも人に恵まれていたんだとつくづく感じ、感謝しています。

傲慢な種まく人であったわたしは、たぶん、あの辺りにも種を落としてきたはずなんだ。
拾いにいかなくちゃ。
そして、拾い集めたそれらを今度は丁寧に育てて、しっかりと花を咲かせようと思います。
けっこうな数の種だから、でっかい花束ができるかも…恥ずかしいなぁ。
common-hazel-1574367_640.jpg
ハシバミの花言葉は「仲直り」「調和」だそう。
わたしの後悔の種も、ヘーゼルナッツ(西洋ハシバミ)くらい人を喜ばせるものならよかったのに。
世界は広いと思っていたら案外狭くて、
「素敵」と思う人はどこにいてもやっぱり素敵で、すぐにわたしは見つけてしまう。
だったら、どこでお会いしても恥ずかしくないようにしていなくちゃな。
世界が広いんじゃなくて、わたしがあまりに小さかったみたいです。
関連記事

 日々のこと

2 Comments

jun_141  

省みて、ちゃんと言葉にできるちどりさん、尊敬です。
わたしは、思っても、ただ思うだけ。
行動が伴わない…だいぶいい年齢なんですけどね(汗

2017/04/27 (Thu) 12:37 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

jun_141さんへ♪

いえいえ、もう本当にポンコツで、お恥ずかしい限りなのです。
どなたも優しくて、温かい声をかけてくださって、
わたしに後悔の種を拾うチャンスをいただけました。
もちろん苦手な人もいるし、許せない人もいて、
反対に、全員に好かれようと思ったことはないけれど、
でも、好きな人には「好きです、仲良くしたいです」と伝えようと思った、
春のおばちゃんでした。
小学生みたいです(笑)
junさん、大好きです。いつも温かい言葉をありがとうe-51

2017/04/27 (Thu) 13:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment